(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 12月18日に日本でも全国公開を迎えた『ワンダーウーマン1984』の特別映像が解禁となった。ヒーロー界最強と呼ばれるワンダーウーマンの陸海空を巡る怒涛のアクションシーンとなる。

 冒頭に映し出されたのは、砂が舞い上がる広大な砂漠地帯で敵からの銃撃に勇敢に立ち向かうワンダーウーマン。ひっくり返ったトラックを飛び越え、疾走中の車にしがみつきながら、敵をぶっ飛ばす。手に汗握るスペクタクルシーンと共に、ワンダーウーマンの勇姿が存分に堪能できるド迫力アクションとなっている。さらに、強力なガジェットヘスティアの縄に加え、選ばれし者だけが装着できるゴールドアーマーを身に纏い、黄金の翼を広げながら、滑空するワンダーウーマンの雄姿と、思わず心奪われてしまう程の胸アツ映像になっている。

 本作の監督を務めたパティ・ジェンキンスは、ワンダーウーマンのアクションシーンについて、「ワンダーウーマンは、史上最強のスーパーヒーローの1人であると共に、全人類のヒーローなので、壮大なスペクタクル映画にするべきだと思いました。本作は、間違いなくスリル満点の映画となっております。」と本作への自信を語った。さらに、ワンダーウーマン役のガル・ガドットは「本作では、前作より新鮮で複雑、スリリングな映画をつくることに挑みました」と本作がスケールアップしたことを明かした。

 さらに、ワンダーウーマンと共に世界の危機を救い、間近にワンダーウーマンの雄姿を目撃したスティーブ役のクリス・パインは「本作でワンダーウーマンのアクションは最高です」と熱く語った。

 ワンダーウーマンに立ち塞がる世界の崩壊を狙うマックスと正体不明の敵チーター。完全無欠と思われたヒーローは、破滅に向かう世界を救うことができるのか?その代償とは?前代未聞の危機に陥りながらも、たった一人で世界を救おうとするワンダーウーマンの壮絶なバトルは、これまでのアクション映画を覆す。陸・海・空を巡る空前絶後の体感型バトルが今始まる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)