磯村勇斗

 磯村勇斗が21日、都内で、映画『新感染半島ファイナル・ステージ』(2021年1月1日公開)トークイベントに臨んだ。

 『新感染ファイナル・エクスプレス』の4年後の世界を描く。亡命先の香港で暮らしていた元軍人・ジョンソク(カン・ドンウォン)が引き受けた新たな“仕事”で待ち受けていたのは禍々しい感染者たちと狂気の民兵集団。両者から逃れるため母娘の生存者とともに決死の作戦を挑む。

 大のゾンビ好きという磯村。本作を見た感想を「良い意味で裏切られました。『監督、そっちで来たか』と。続編なんですけど前作にとらわれず、監督は挑戦しているなと。スケールが大きくなって楽しんで見られました」

 もしゾンビ映画に出演するならどんな役を演じたかという質問には「ゾンビ側をやるなら自我をもって人間に戻りたいという意思を持っているゾンビをやりたい」とも。更に「ゾンビ主体で全部描いたらどうなるんだろう。ゾンビ主役の映画を見てみたい」

 そんな磯村だが、目覚ましい活躍を見せた今年を「厳しい時代になり、俳優としてどうやって届けていければと悩んだ時期もありました。でも自分たちは見てくれる方がいるから頑張れると勇気をもらいました。ドラマも沢山の方に観て頂き、暗い年だったけど明るくなってもらえたと思う」

 他方、同作と「ドライブインお化け屋敷」のコラボレーションが決定し、事前に体験したという磯村は「本当に怖い。どこから現れるのか。それとゾンビがリアル。フロントガラスが割れるんじゃないかと思った。ストーリー仕立てになっているので楽しめます」と紹介した。

 ゾンビ愛に溢れる磯村だがこの日は、車に乗車してゾンビに囲まれながらフォトセッションに臨んだ。リアルさのあるゾンビに怖い表情を浮かべていたが、途中からは笑顔に。ゾンビに囲まれながらも笑顔で撮影に応じるなど、ゾンビ好きの磯村ならではのフォトセッションとなった。

ゾンビに囲まれ笑顔の磯村勇斗

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)