田竜也

 KAT-TUNの上田竜也が20日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所 生放送で懺悔SP!」に出演。ネット上で話題を広げた“チャンカパーナ事件”の真相を語った。

 上田と親交のあるジャニーズWESTの重岡大毅がVTR出演し、「ジャニーズなのに全然、アイドルっぽくない」などと日ごろの上田について言及。その中で、9月12日に放送された同局系音楽番組「THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?」で起きた“チャンカパーナ事件”について触れた。

 NEWSの楽曲である『チャンカパーナ』。同番組での中で、上田や嵐の二宮和也らが登場して歌唱および振り付けを披露したが、上田は一人、歌唱はするものの一切、ダンスすることはなかった。

 このことがネット上で大きな反響を呼び、憶測も交えて話題が広がった。重岡は「トレンド1位」などと話し、衝撃の大きさを伝えていた。

 このエピソードの真相について尋ねられた上田。「話をさせていただきますけど、ガラじゃないじゃないですか」とし、「俺がこの曲を歌うっていう、なんで俺、選ばれたの」と自身が選抜されたことに違和感を抱いていたようだ。

 『チャンカパーナ』は「NEWSのキャラクターがあって」とNEWSという存在が前提にあることを強調。「明るいキャラクターの子たちが歌うっていうのが良いと思う。俯瞰で見るには面白いし、素敵だな」とした上で、「えっ、俺、巻き込む?」と自身のキャラクターと『チャンカパーナ』という楽曲のギャップに疑念をもったままのステージだった様子。

 ただ、番組の最後には「NEWSのファンの方には申し訳ないことしたんで」と反省の弁も口にし、スタジオを大きく沸かせていた。

 また、重岡は上田を「すごいワイルド」とし、職質受けるらしい」などと紹介。「この前ふざけて“たっちゃ~ん”って呼んでみたんですよ。ほんなら角材もって追いかけてきた」とプライベートの上田についても語った。

 この先輩をいじり倒した重岡に、上田は「あいつほんとに豚の餌にしてやろうと思ってんですよ、いつか」とコメントすると、MCの東野幸治が「芸人よりもキツ目のワードやめてください」とツッコミを入れる一幕も。

 ちなみに、角材をもって追いかけたのは「あれは反省してます」と事実であることも明かした上田は、「重岡は珍しい、絡んでくるのはあいつだけなんで」とも語っていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)