5人組コーラスグループのベイビー・ブーが19日、東京文化会館大ホールで「ソーシャルディスタンスコンサート2020 クリスマスコンサート~クラシックの殿堂で歌う!~」を開催した。

 ベイビー・ブーは「声だけで魅せる」ことをテーマに活動するアカペラコーラスグループで、今年のコロナ禍においてその活動が制限される中、3月から毎日続けているSNSでの歌唱動画投稿は、現在まで300日を経過し、そのレパートリーの数がこれまで1000曲を超えた。

 そんな数多いレパートリーの中から、「クリスマス・イブ」(山下達郎)といったクリスマスソングをはじめ、朝ドラ「エール」で注目された「イヨマンテの夜」「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」といった古関裕而作品のメドレー、さらには今年大ヒットした「香水」(瑛人)など、童謡からポップスまで幅広いジャンルの曲、全44曲を披露した。

ベイビー・ブー

 また、来場者した500人全員に合奏用の「鈴」が配られ、「今はまだ声を合わせて歌うことが出来ませんが、みんなで鈴を鳴らして盛り上がりましょう!」と、会場近くの上野動物園に暮らすパンダの「シャンシャン」にちなみ、シャンシャンと鈴を鳴らし会場が一体となった。

 偶然にも3年前の今日、12月19日にシャンシャンが一般公開された日ということで、まもなく日本を離れることになるシャンシャンに対し「僕らも上野公園でストリートライブをやっていたので、お別れするのは寂しいですが、これまでみんなを笑顔にしてくれてありがとう」とコメント。

 会場全体で大合唱する「歌声喫茶」のようなコンサートが彼らの持ち味だが、今年のコロナ禍で「声を合わせる」ことが出来なかった一年を振り返り、リーダーのユースケは「今はまだ以前のように歌声を合わせることはできませんが、来年こそはみんなでまた歌い合える日が来ると信じ、その日まで心を合わせて一緒に頑張りましょう」とコメントした。

■ベイビー・ブー クリスマスコンサート
〜クラシック音楽の殿堂で歌う!〜
2020年12月19日(土)会場:東京文化会館 大ホール

〜1部〜

M-1 Merry Christmas Mr. Lawrence
M-2 Everything
M-3 クリスマス・イブ
M-4 クリスマスメドレー2020
M-5 リトルクリスマス
M-6 雪の降る街を
M-7 さらばシベリア鉄道
M-8 花が咲く日は
M-9 三択リクエスト (1.銀色の道 2.プロポーズ 3.木蘭の涙)
M-10 幸せなら手をたたこう
M-11 元気ハツラツメドレー

〜2部〜

M-1 歓喜の歌
M-2 お酒の恋しい季節メドレー
M-3 エールメドレー
M-4 みんなのメロディー
M-5 香水
M-6 聖母たちのララバイ
M-7 青春時代
M-8 涙をこえて
M-9 明日があるさ

Ec-1 高校三年生
Ec-2 きよしこの夜
Ec-3 Happy Christmas

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)