のん

 のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛、大九明子監督が19日、都内で、映画『私をくいとめて』公開記念舞台挨拶に臨んだ。みつ子の脳内相談役「A」の声を演じたのは中村倫也であることが明かされ、「A」の声をのんは「とても良い声でした」と称えた。

 綿矢りさ氏原作の作品を大九明子氏が監督・脚本で映画化。脳内に、相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子が、年下営業マン・多田くんと出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまを描く。

 のんは、みつ子の脳内にいる相談役「A」との撮影は、事前に収録した「A」の声を流し、掛け合ったといい、音声スタッフを含めて「3人がかりでの演技でした」。その「A」の声は後に、中村倫也が務めていたことが明らかになる。

 その「A」の声の主との撮影の裏側についてのんは「待ち時間に悩んだり、話していることに対して、『A』の声を出して答えてくれて、楽しく撮影は進んでおりました」とし、司会者の「応用がきく?」という問いに「そうですね。素晴らしい回答があって、とても良い声でした」と称えた。

 また、多田くんを演じた林は、大九監督の想像を超える演出に「どういうものになるかワクワクした。楽しい撮影でした」と振り返れば、のんも「みつ子のことを非リア充だと思っていましたが、監督に聞いたら、生活も営んでいるおひとり様リア充と聞いてハッとしました」。

 そののんは、監督が演出を伝える際に自身でやって見せる姿を見て「完璧で、自分でできるかなと思うぐらい素敵で、頑張って盗みました」と明かせば、監督は「だぶん挙動が変だっと思う。それを盗まれた」。みつ子の上司・澤田を演じた片桐は「挙動が変なのはお互い似てるんじゃない?」と言い、会場の笑いを誘った。

 みつ子の同僚・ノゾミさんを演じた臼田や、ノゾミさんの憧れの人・カーターを演じた若林、そして、片桐がそれぞれの役柄の印象は撮影秘話を語るなかで、みつ子の親友・皐月を演じた橋本愛は原作との差をどう埋めるか苦心したことを明かし、皐月の笑顔に隠れた思いを紹介した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)