清原果耶

 中川大志と清原果耶が18日、都内で行われた映画『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)公開直前クリスマスイベントに出席した。清原はアフレコに関する不安を明かしつつ「中川さんに引っ張ってもらいながら何とか切り抜けた」と振り返った。

 映画は芥川賞作家・田辺聖子さんの短編小説が原作。2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化された本作がアニメーション映画として生まれ変わる。アニメーションだから描き出せる、リアルでイマジネーションに満ち満ちた日常の輝きや恋愛のときめき、人生のきらめきがスクリーンからあふれ出る。

 大学生・恒夫を演じたのは中川、ジョゼ役に清原。監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータロー氏。脚本を桑村さや香氏、キャラクター原案を絵本奈央氏、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子氏が担当した。

 清原は「映画が無事に完成いたしまてクリスマスを迎えますが、公開されるのが楽しみです」とあいさつ。

 トークセッションで。清原は「たくさんの声優さんの中に混じらせていただいて『私大丈夫かな』と思いつつ、中川さんに引っ張ってもらいながら何とか切り抜けた」とアフレコを振り返った。完成した映画を観た感想については「何て美しいんだろうと素直に感動しました」。

 演じた登場人物の印象については「少女らしい幼さがあるんですけど、24年間生きてきた知識も蓄えている子で。心を許している人にはわがままを言える子」。自身に似てると感じたのは「本が好きなところ」とし「小説とか読むので、そこは似てるかもしれない」。

 声優としての現場では初共演となるふたり。収録は2日を要したという。清原は「ひとりだけだとイメージしきれない部分が多かった。実際に中川さんが喋ってるのを聞きながらできるのがありがたかった」と中川のサポートに感謝。対し中川は「大変なことを共有して乗り越えられたので安心感がりましたし、ひたむきにジョゼに向き合ってストイックだなと思った」と清原を称え、互いの信頼を感じさせた。

清原果耶

 話題は、物語の舞台が大阪で関西弁でセリフをこなしていることについてに及ぶ。大阪出身の清原は「普段お仕事で関西弁を求められることがないので不思議な感じでした」と話す。しかし自身の地元とは言え、日常で話す関西弁とはまた違う演技が必要だったそうで「先生にアクセントなどのポイントを習いながら、頑張って喋りました(笑)」と明かした。

 クリスマスの思い出については「姉と一緒にケーキを手作りしていた」とエピソードを披露。好きなクリスマスケーキの種類については、中川・清原ともにショートケーキを挙げた。

 終盤では来年の抱負を「空手」とその場で書き上げて、クリスマスツリーに飾り付け。最後は「この作品は愛に満ちていて、繋がりって良いなと思わせてくれるシーンがたくさんあります。おひとりでも、大切な誰かとも観て頂ければ嬉しいです」とメッセージし、イベントは幕を閉じた。【取材・撮影=小池直也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)