浜辺美波

 浜辺美波、城桧吏、板垣李光人、渡辺直美、北川景子、平川雄一朗監督が18日、都内で映画『約束のネバーランド』初日舞台挨拶に臨んだ。主人公を演じた浜辺は極度のインドア派であることを明かし、来年は「フットワークを軽くしたい」と誓った。

 【写真】首を傾げる姿も可愛い浜辺美波

 原作・白井カイウ氏、作画・出水ぽすか氏による同名漫画の実写映画化。孤児院(グレイス=フィールドハウス)を舞台に鬼の食用児として育てられた孤児が脱獄する姿を描く。

 平川監督は、草原は長野県、ハウスは福島県と国内での撮影を実現させることが出来たとし「素敵なロケ地を探してくれました」と称えた。

 主人公・エマを演じた浜辺美波は「映画を見ると本当にそうは見えない。そう思うと長野の山の奥に行って良かったと思います。本当に遠かったので、空気も薄いし…」とポロリ。

 孤児院のシスターで“ママ”と慕われるイザベラを演じた北川景子も「私と直美ちゃんは着いた時はヘトヘトだったよね」と振ると、シスターのクローネを演じた渡辺直美も「私だけテンション下げて、かなり汗でメイク直しも…」と笑った。

浜辺美波

 この日は、来年に向けての「抱負」ならぬ「約束」したいことを発表した。「ふっ軽」と書いた浜辺は「フットワークを軽くしたい」。

 極度のインドア派という浜辺。「普段は鉛のように足が重くて、家を出なくない、家にすぐに帰りたい。きょうお休みだと思ったら誘われても忙しいふりをする」と性格を明かし、「この状況が直ったら、誘われたり、自分から色んな所に行きたい」。

 その候補地は北海道。「サーモンやチーズを食べたくてずっと狙っていて。なので来年は、行こうと思ったらすぐに行けるようにしたい」と明かした。

 改めて、「このご時世に無事公開が出来てホッとしています」と挨拶。もともと原作のファンで実写化を聞いた時に驚くとともに不安を感じたといい「エマを演じるなかで(共演の)子供たちの力、皆さんの力を感じて、諦めなければ壁は乗り越え何でもできると勇気を頂きました」と感謝。

 更に「悩んでいる方、そしてこの状況を打破したいと思っている方には、ちょっとだけ勇気をもらえる作品になっていると思います。ぜひ見て下さい」とアピールした。

浜辺美波

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)