LiSAが12日、自身初の有料オンラインライブ『ONLiNE LEO-NiNE』をおこなった。圧巻の歌唱力とパフォーマンス、全ての面で変幻自在なアプローチを見せ、アルバム『LEO-NiNE』の収録楽曲を中心に「炎」、「紅蓮華」、「Catch the Moment」を含む全15曲を披露した。オンラインライブという公演のまた新たな可能性を示した本公演のもようを以下にレポートする。【取材=平吉賢治】

神がかった演出の数々

(撮影=上飯坂一)

 強烈な歪みのギターサウンド、アップテンポなアンサンブル「マコトシヤカ」から勢いよくライブスタート。LiSAは笑顔とアクティブなアクションで華やかに歌唱。ステージの見せ方はというと、あらゆる角度から迫るカメラワークでオンラインライブならではの臨場感を醸していた。序盤からトップギアに入っているかのようなライブのテンションに、チャット上では熱狂の声がテキストとして滝のように流れ続けた。

 「Catch the Moment」に続くとポップで清涼感あふれる空気感が画面上に広がる。LiSAは「今日はこの特別、全部届けるから受け取って!」とカメラ目線で視聴者に熱いメッセージを投げかけた。MCでは「1年ぶりじゃない? ライブするの! この日を待っていました!」と、この日のオンラインライブへの熱意をあふれんばかりの感情と共に伝えた。そして、「そこでしか楽しめない楽しみ方を是非見つけて。自分なりに!」と、配信でこそできる楽しみ方を視聴者各々に促し、「愛と思いやりを大切に、ここにいるみんなで最高に楽しんでいきましょう!」と、「エレクトリリカル」へ進んだ。ここではダンサーが加わり、LiSAによるダンスレクチャーからの導入。ポップな映像がライブ画面と融合し、キラキラと楽しげな世界観がよどみなく広がった。

 そしてピアノの演奏からしっとりとした空気感へ転換。LiSAの生命力あふれる歌声がミドルバラード「愛錠」でキュートかつソウルフルに響く。また、ここでの赤と青の照明のコントラストは楽曲のテイストとベストマッチ。LiSAはカラフルな衣装から白の衣装に着替え、「わがままケット・シー」を披露。この楽曲でのパフォーマンスはオンラインライブならではの見せ方で視聴者を魅了する。

(撮影=上飯坂一)

 美しいタイル状の模様が映えるビジュアルの床の上で、LiSAは座り、そして横たわり、色気たっぷりの歌唱と所作で、艶やかなステージングを魅せる。これにはチャット上でも「演出が神」等、絶賛の声が数多く上がっていた。楽曲は雨音のSEで繋がれ、「unlasting」へ流れた。ピアノの音色が重なり、2人のダンサーと共に赤く美麗なビジュアルの箱状のスクリーンに囲まれ、LiSAの情熱的なボーカルがサラウンドに広がった。

 再びバンドセットの演奏に戻り、ヘヴィなロックサウンドが轟く「cancellation」へ。ここではLiSAを含む演者全員の姿が逆光で見えないほどの照明が終始照らされる神々しいアプローチを見せた。そしてバンドによるジャムセッションで曲間が繋がれ、「赤い罠(who loves it?)」ではLiSAは黒を基調とした衣装に身を包んだ姿で現れる。疾走感あふれるスウィング含みのビートがたまらないセクションだ。ライブ中盤のここまで様々な曲調を披露したLiSAは、どの楽曲でも抜群の歌唱力を魅せ、ボーカリストとしての確固たる実力と表現力を提示した。

(撮影=上飯坂一)

LiSAの変幻自在なアプローチ

(撮影=上飯坂一)

 ステージ上に炎が灯されると、ライブの熱気はそのままにテンポをグッと落とし、「炎」を披露した。丁寧に、エモーショナルに、内なる情念を音として、生演奏として、映像として表現された「炎」に続いては「紅蓮華」へ。鬼の面に和服といういでたちのダンサー2人、バンドと共に大迫力のパフォーマンス、圧巻の歌唱力でその存在感を示した。『鬼滅の刃』のTVアニメ版、映画版の主題歌を連ね、ライブの熱気はさらなる高まりをみせた。

 そして、クラップの印象的なリズムのループから展開されたのは「play the world! feat.PABLO」。躍動感あふれるステージングでライブは終盤に向かい、パワフルなサウンドの「Rising Hope」、重厚かつスピーディーなアンサンブルの「ADAMAS」と続き、ここでLiSAは力強くパーカッションを叩きつつの歌唱を見せた。楽曲後半ではバンドの熱いコーラスとチャット上のテキストによる、オンラインライブならではのコール&レスポンスが巻き起こっていた。

(撮影=上飯坂一)

 ラスト曲を前にLiSAは笑顔で曲名をコールし、フィナーレ感がほとばしる「ハウル」のサウンドに包まれ、輝かしい歌声と表情でエンディングを迎えた。

 ありとあらゆる演出、激しく力強く繊細さも兼ね備えた演奏、そして情熱的で圧巻の歌唱とパフォーマンスを見せたLiSA初のオンラインライブは、全ての面で変幻自在なアプローチを魅せた。オンラインライブという公演のまた新たな可能性を示した公演だった。

 最後にLiSAは、「不安になったり立ち止まったりしそうになっても、今日私達はここに辿り着いた。いつも本当にありがとう! もっともっと最高な未来が私達に待っていますように。今日をもっともっと超えて行け!」と、頼もしいメッセージを寄せた。そして、「今日は本当に、本当にありがとう! また遊ぼうね!」と、前向きなコールで締めくくった。

セットリスト

LiSA『ONLiNE LEO-NiNE』
2020年12月12日 オンラインライブ

01.マコトシヤカ
02.Catch the Moment
03.晴レ舞台
04.エレクトリリカル
05.愛錠
06.わがままケット・シー
07.unlasting
08.cancellation
09.赤い罠(who loves it?)
10.炎
11.紅蓮華
12.play the world! feat.PABLO
13.Rising Hope
14.ADAMAS
15.ハウル

■見逃し配信情報

12月19日(土)23:00まで見逃し配信中

【ONLiNE LEO-NiNE特設ページ】
https://k.lxixsxa.com/ONLiNE_LEO-NiNE/

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)