今月発売の女性ファッション誌4誌が、年内いっぱいで解散を表明している、ダンス&ボーカルグループ「E-girls」を特集。20代読者を対象にした競合4誌が雑誌の垣根を越えた異例のコラボ企画を展開する。

 昨年末、2020年の活動を最後に解散することを発表したE-girls。EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンス・グループとして2011年にデビューし、これまで『Follow me』など数々のヒット曲を世に送り出してきた。その存在は、ガールズ・ダンス&ボーカルグループの先駆けとしてブームをつくるとともに、メンバーはモデルとしても活躍。『CanCam』(小学館)では楓、『JJ』(光文社)では藤井夏恋、『Ray』(主婦の友社)では佐藤晴美(2月号で卒業)がそれぞれ専属&レギュラーモデルを務めるなど、あこがれのファッションアイコンとしても支持されてきた。

 今回のコラボは、その3名が所属するファッション誌が中心になって企画。『CanCam』と『JJ』が通常版でメンバー11人の表紙を飾るほか、特別版でコラボ表紙を展開。『CanCam』にメンバー5名、『JJ』に6名が登場し、両誌を並べると1枚のポスターになる連動表紙に(写真)。また、11月中旬に行われた、E-girlsにとって最後のメディア取材となる合同撮影では、『Ray』が『CanCam』の表紙撮影のバックステージを、『ViVi』(講談社)が『JJ』のバックステージを取材し、それぞれのWEBサイトで舞台裏の記事を掲載。同じ記事を『CanCam』と『JJ』のWEBサイトでもリンクバックします。

 さらに、メンバー11人のリレーコメントを4誌のInstagramで、#ありがとうEgirls というハッシュタグのもと、13日から展開。日替わりでメンバーがランダムに登場する、まさに媒体の垣根をも越えた取り組みとなっている。

 12月28日には、ラストライブとなるLDHの配信ライブ「LIVE×ONLINE BEYOND THE BORDER」の出演が決定している。また、これまでの活動の集大成となるベストアルバム『E-girls』が発売され、9年間の活動を有終の美で飾るE-girls。解散後はアーティスト、モデル、俳優とそれぞれの道を歩むメンバーの、新たな旅立ちを祝福するかつてないメモリアル企画は、『CanCam2月号』『JJ2月号』が23日発売。

 20代女性ファッション誌4誌のスタッフが集結し、かつてない規模となった今回の企画。その意図について各誌の編集長がコメント。

『JJ』編集長・今泉祐二

「昔、CanCam高田編集長(現在美的.com編集長)とViVi岩田編集長(現在NET ViVi編集長)とで『赤文字3誌が男性編集長なんて珍しいから、いつか何かできたらいいね』と話していたのが、やっと実現できたんですが、もはや2人は異動して、JJは2月号が月刊としては最終号という(笑)。本誌だけではなく、デジタルや書店での展開など、数年前だったら考えられない競合4誌のコラボレーションができたのも、新型コロナウイルスの影響が大きいと思います。“競争”より“協力”して、この困難な時代を乗り切ろうというムードを盛り上げられたら、という思いです」

『NET ViVi』編集長・岩田 俊

「GirlsPowerで日本中の女の子を元気にしたい!という同じ志のもと、数多くの企画や連載で、ViViの読者にパワーをくれたE-girlsさんには感謝しかありません。最後のフィナーレで、このようなコラボ企画に参加してお祝いできて本当によかったです。ありがとうございました!」

『Ray』編集長・時田紗耶香

「今回史上初の、4誌合同の企画ということで、皆さんの反響にわくわくしてます!CanCamさんの撮影裏側に潜入させてもらったので、ぜひRay webをチェックしてください。また、Ray本誌には約7年半モデルをつとめてくれた佐藤晴美ちゃんが卒業することもあり、彼女の独占インタビューも掲載します。お楽しみに!」

『CanCam』編集長・安井亜由子

「日本のガールズグループを牽引してきたE-girlsのみなさんの卒業を、一緒に盛り上げられる機会を得られて光栄です。表紙撮影でメンバー11人が集合したときのグルーブ感とオーラ、エネルギーは圧倒的でした。4誌がコラボした撮影現場は、お祭りのように賑やかで笑顔あふれる楽しいムード。その雰囲気を、それぞれの誌面やWEBから感じ取っていただけるとうれしいです」

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)