Juice=Juiceが12月10日、日本武道館で宮本佳林の卒業コンサート『Juice=Juice コンサート2020 〜続いていくSTORY〜 宮本佳林卒業スペシャル』をおこなった。宮本の卒業公演は本来6月に予定されていたものが新型コロナウイルスの影響で12月まで延期され、今回の開催に至ったもの。Juice=Juice は宮本の卒業発表後に新メンバーとして井上玲音(元こぶしファクトリー)を迎え、現行体制で武道館に立つのはこれが初となった。公演当日は新型コロナウイルス感染予防対策がとられた上で約6,500人を動員。さらにライブの模様はCSテレ朝チャンネル1で生中継されスカパー!オンデマンドで同時配信されたほか、国内・台湾を含む全35会場でのライブビューイングも実施された。

 ライブは360 度ステージで全方向から観客が見守る中スタート。宮本のカラーであるブドウ色のペンライトの光が輝く中、メドレーを含む全22 曲が披露された。1曲目は近年のJuice=Juice 鉄板ナンバーである“ひとそれ”こと「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」。ステージに一人現れた宮本佳林の鮮烈なソロアカペラ、そして「Juice=Juice 行くぞー!」というコールからメンバー9 人全員がステージに駆け出してくる。続く「好きって言ってよ」ではダンスナンバーにのせてクールなパフォーマンスを遺憾なく発揮した。

宮本佳林

 最初のMC で「皆さん幸せな気持ちで帰ってもらえたらいいなという風に私は思うので、楽しんでいきましょう!」と宮本。続くブロックでは「愛・愛・傘」や「銀色のテレパシー」など、どこか懐かしさも感じさせるラブリーなアイドルソングを連発する。こちらの側面もJuice=Juice に欠かせない要素のひとつ。

 さらに、中盤では宮本と各メンバーが組んでのメドレーブロックへ。井上とのペアでロックに決める「伊達じゃないよ うちの人生は」からすぐに工藤由愛とファンシーワールドを繰り広げる「アレコレしたい!」に繋ぐなど、組み合わせごとのバラエティを楽しみながら、「大人の事情」では金澤朋子・高木紗友希・植村あかりと共にオリジナル・メンバー4人での貫禄の共演を披露した。選曲の中心となった宮本はグループでは珍しい少人数での歌唱に「新鮮さを噛み締めましたね」と言いつつ、歌いながら思い出を振り返ったと語っていた。

宮本佳林

 「CHOICE & CHANCE」「ポップミュージック」と立て続けに軽快なナンバーで盛り上げた後には、宮本佳林のソロによる「未来のフィラメント」が初披露された。星空を彷彿とさせる叙情感っぷりなナンバーが、武道館全面に輝くペンライトの光の中で歌う宮本を祝福するかのようなステージ。

 直後には、宮本卒業後の8 人体制による新曲「がんばれないよ」も披露される。こちらは楽曲タイトルのような弱音も打ち明けながら、それでも夢を持ち続け“がんばりたい”と前を向くバラード曲。この楽曲ではJuice=Juice ファミリーからのエールを代弁するように観客席のペンライトが多彩な彩りになり、Juice=Juice メンバーを照らした。後半戦は「微炭酸」から疾走感あふれるナンバーが連発された。インディーズ1st シングル曲「私が言う前に抱きしめなきゃね」、メジャー1st シングル曲「ロマンスの途中」とJuice=Juiceの節目を飾った楽曲で熱く会場を盛り上げ、「泣いていいよ」で本編を締めくくる。

 アンコールでは、宮本がブドウ色にピンクの差し色を交えたプリンセスドレス姿でステージに登場。全員で「続いていくSTORY」を歌唱する中、自らファンへの言葉を届けた。「Juice=Juice ファミリーの皆さん、私を応援してくれてありがとうございます。そしてこんな変な私に居場所をくれたJuice=Juiceメンバーの皆も本当にありがとう。メンバーの皆が大好きです。私はこのライブが終わったら、宮本佳林として新しい一歩を踏み出して人間もパフォーマンスも磨いていきます。Juice=Juiceの宮本佳林を愛してくれてありがとうございました」(宮本佳林)

Juice=Juice

 さらに、リーダーの金澤がメンバーの思いを代表してメッセージを読み上げる。「かりんとは7年以上の時をJuice=Juice として共に過ごしてきました。友人のような、家族のような…でもそのどちらとも違う、大切な存在です」と語った上で宮本のこれまでの姿に感謝を伝え、「今日のこのライブについても、『卒業を延期してでも最後はライブで終わりたい』と言ってくれた時、かりんらしいなぁととても嬉しく思いました。今日という日を無事に迎えられてよかったね。改めて卒業おめでとう!」と宮本を応援して送り出す姿勢をみせた。

 メッセージの後に照れた調子で出てきた宮本と和やかな掛け合いをしつつ、ラストは「Magic of Love」で大合唱が聞こえてきそうな一体感を作り上げ、「Wonderful World」で感謝いっぱいの締めくくり。宮本佳林とJuice=Juice、どちらにも大きな節目となる公演に幕をおろした。

Juice=Juice

 宮本佳林はJuice=Juice 卒業後、ソロ活動を続けていくことが発表されている。12月31日には中野サンプラザでの大晦日コンサートにも第三部ゲストで参加予定だ。また、ライブでソロ披露した「未来のフィラメント」は既に配信スタートしており、個人のYouTube公式チャンネルも開設され、同曲のMVが公開された。Juice=Juice は今後、各メンバーがハロー!プロジェクトのバラード・コンサートツアーに出演。年末12月31日の大晦日コンサートにも参加するほか、2021年は1月2日からの新春コンサートへ出演する。

セットリスト

『Juice=Juice コンサート2020 〜続いていくSTORY〜 宮本佳林卒業スペシャル』
2020年12月10日@日本武道館

1.「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?
2.好きって言ってよ
3.プラトニック・プラネット
4.風に吹かれて
5.禁断少女
6.愛・愛・傘
7.銀色のテレパシー
8.如雨露
9.メドレー
伊達じゃないよ うちの人生は/宮本・井上
アレコレしたい!/宮本・工藤
背伸び/宮本・松永
Vivid Midnight/宮本・稲場
SEXY SEXY/宮本・段原
スクランブル/宮本・植村
ラストキッス/宮本・高木
香水/宮本・金澤
大人の事情/宮本・金澤・高木・植村
10.CHOICE & CHANCE
11.ポップミュージック
12.この世界は捨てたもんじゃない
13.未来のフィラメント/宮本
14.がんばれないよ/金澤・高木・植村・稲場・井上・段原・工藤・松永
15.微炭酸
16.私が言う前に抱きしめなきゃね
17.ロマンスの途中
18.生まれたてのBaby Love
19.泣いていいよ
EN1.続いていくSTORY(Symphonic Version feat. Karin)
EN2.Magic of Love(J=J 2015Ver.)
EN3.Wonderful World

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)