【2020 FNS歌謡祭 第二夜◇9日】Little Kiss(石橋貴明×工藤静香)が「A.S.A.P.」を披露した。

 石橋貴明×工藤静香によるユニットLittle Kissはこの日、23年ぶりに「A.S.A.P.」をTV歌唱。ステージング前に2人は23年ぶりということを受け、「びっくりした」と、互いにコメント。石橋は「この間、夜中にYouTubeで『A.S.A.P.』見たんだよと言ったら、(工藤に)『私もたまに観る』」と言われて大笑いしたというエピソードを語った。

 そして、リハーサルでは全くブランクを感じさせず、息がぴったりだったという。工藤が「(事前に)練習してなかった? ちゃんと歌えていてびっくりした!」と、石橋に問いかけると、石橋は「ハーモニーのところ? ハーモニーのところは簡単です。声を小さくしちゃうんです」と、笑いを誘った。

 また、体を抱き合うシーンがあるこの楽曲、ソーシャルディスタンスを保ちつつ「静香とは心が通じ合ってる。心の中では静香のことを抱きしめてました」と石橋が語ると、工藤は「抱きしめられてました」と、笑顔を見せた。

 パフォーマンスではコメントでもあったように、23年ぶりというブランクを感じさせないゆったりとした歌唱、所作で魅了した。ハーモニーの部分も石橋が語るように“声を小さく”ではなく、しっかりと声が重なり合っていた。

 Twitterでは「23年ぶりのASAPサイコーでした! 大人の色気だだ漏れ!」「工藤静香の歌声が全然変わってなかった!」など、反響があがっていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)