【2020 FNS歌謡祭 第二夜◇9日】平手友梨奈が「ダンスの理由」を披露した。

 この日、制作に一から携わった初のオリジナル楽曲をTV初披露。作詞は秋元康。ライブが始まると鋭いダンスを魅せるパフォーマーに囲まれ、平手は中央でテクニカルかつエネルギッシュなダンスと歌唱で鬼気迫るステージングを披露。

 多分な運動量のダンスを舞いつつも芯のブレない表情、楽曲の世界観に没入するその姿は圧巻。燃え盛るようなステージ背景のビジュアルとベストマッチし、磨きがかかった平手のダンス&歌唱をみせた。

 Twitterでは「想像を超えてきた」「新境地」「自分の言葉で歌ってくれてるのが何より嬉しい」など、反響があがった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)