東山紀之が主演、宮本亞門が演出する舞台『チョコレートドーナツ』(PARCO劇場オープニング・シリーズ)の出演者が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、7日の開幕が延期となった。主催者が6日、発表した。

 7日開幕に向け、キャスト・スタッフ一同準備を進め、稽古中は感染対策を徹底し、11月27日に実施したPCR検査では全員の陰性を確認していた。

 しかい、12月4日未明、出演者の一人が発熱し、当日にPCR検査を行ったところ、12月5日に陽性と確認された。

 それに伴い、4日・5日の稽古を中止の上、改めてキャスト・スタッフ全員のPCR検査を行ったところ、さらに2人の陽性が12月5日夜に確認された。

  12月7日の開幕は延期し、中止日程等の詳細は改めて公式サイトで発表する。

 主催者は、「引き続き今後の感染状況、政府及び関係諸機関の動向注視しながら、保健所をはじめ関係各所と連携し、お客様の安心・安全、また、キャスト・スタッフの安心・安全を最優先に、感染拡大防止に努めてまいります」としている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)