森久保祥太郎ら人気声優が演じる「パラホス」魅力に迫る
INTERVIEW

「パラホス」

森久保祥太郎ら人気声優が演じる「パラホス」魅力に迫る


記者:榑林史章

撮影:

掲載:20年12月05日

読了時間:約12分

 声優で歌手の森久保祥太郎や谷山紀章など、6人の声優がキャラクターを演じるメディアミックスコンテンツ『パラホス』が、10月に『僕とで いいじゃない E.P.』と『LOVE JACKAL 君だけ E.P.』の2枚のCDを同時リリースした。『パラホス』はホストがパラパラを踊って対決するメディアミックスコンテンツ。軽快なビートに乗せて美声を聴かせながら、パラパラを踊る動画が公開されて話題。同コンテンツには、多数のアニメに作品に出演しGRANRODEOのヴォーカルKISHOWとしても活躍する谷山紀章、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の奈良シカマルや『弱虫ペダル』の巻島裕介などの役で知られる声優の森久保祥太郎など6人の声優が参加。今回はメンバーを代表して森久保、声優ユニット=SparQlewのメンバーとしても活動する保住有哉、アイドル育成ゲーム『Readyyy!』で久瀬光希を演じ、ユニット=PlayStyleでも活動する住谷哲栄の3人に『パラホス』の魅力や今後の展開について聞いた。【取材=榑林史章】

ゾナパラのゾナーさんとまさかの共演!

保住有哉

――『パラホス』は、声優のみなさんがホストのキャラクターを演じ、実際にパラパラの楽曲を歌って時には踊るという、パラパラとホストをミックスしたコンテンツです。20代の保住さんと住谷さんは、パラパラはご存じでしたか?

保住有哉 僕らの世代は、小学生の時に長州小力さんが「NIGHT OF FIRE」に合わせてパラパラを踊っていました。それをマネて友達と教室でよく踊ったので、パラパラのことは知っていました。

住谷哲栄 僕もパラパラは、小力さんで認識しました。踊りもそうですけど、「キレてないっすよ」という小力さんのモノマネをよくしていました(笑)。

森久保祥太郎 僕は最初のブームを中学生の頃に経験した世代だし、朝の子ども向け情報番組『おはスタ』(テレビ東京)で、20年くらい前に怪人ゾナーとして「ゾナパラ」をやっていたんです。

――ゾナパラ!

森久保祥太郎 ゾナパラのCDも出して、『おはスタ』の公開録画にはすごくたくさんの子どもたちが集まってくれて、僕は当時の子どもたちにとってパラパラの伝道師だったんです(笑)。

住谷哲栄 僕、ゾナパラを見ていました。でも、あのゾナパラをやっていたのが森久保さんだったと知ったのは最近のことで、そのゾナーさんと今パラパラのコンテンツをご一緒しているのは、すごく感慨深いです。

――最近はお笑いトリオのパンサーさんが、パラパラのネタをやっていたりと、パラパラは何度もブームを繰り返していますね。

森久保祥太郎 だからこそ、世代を越えて楽しめると思うんです。それに二人がそうだったように、子どもが食いつけるのは良い。実際にありそうだけどまだ無かったから、良いところに目を付けたなと思います。

住谷哲栄 パラパラは、もともとクラブやディスコで踊られていたものだったと聞くので、夜の仕事であるホストの雰囲気とも合いますよね。それに、みんなで踊れるのが魅力です。

保住有哉 パラパラに、ホストのシャンパンコールやかけ声が加わることで、よりパフォーマンスとして盛り上がれるものになっています。それにホストと言っても、コンテンツ的にはスポーツマン精神もあるので、良い感じでバランスが取れている企画だと思いました。

パラパラとコールは日本文化

住谷哲栄

――皇烈生役の谷山紀章さんが歌った「NIGHT OF FIRE」が、USEN HIT J-POPランキングで上位にランクインしたのも話題です。

住谷哲栄 「Shazarm」というアプリの検索ランキングでも、上位に入っていました。やっぱりメロディーが印象的だから、少し聴いただけで「この曲なんだっけ?」ってなるくらい根付いているんです。

保住有哉 TikTokには、昔のブームの時にリアルタイムでパラパラを踊っていたおじさんが、谷山さんバージョンの「NIGHT OF FIRE」で踊っている動画が上がっています。『パラホス』というコンテンツに先行して曲の話題が広まっていて、ジワジワきているのを感じます。

――その「NIGHT OF FIRE」を含め、みなさんが歌うパラパラ楽曲を収録した『僕とで いいじゃない E.P.』と、『LOVE JACKAL 君だけ E.P.』もリリースされています。レコーディングはどうでしたか?

保住有哉 僕は輝夜彗というキャラクターで、『僕とで いいじゃない E.P.』に収録の「いいじゃない」というオリジナル曲を、九鬼宗次郎くん(CV:清家光亮)と一緒に歌わせていただきました。イントロからアガる、一瞬でパラパラだと分かる曲になっています。ネッチョリとした歌い方もポイントです。

――ネッチョリ(笑)?

保住有哉 はい。ホストが歌うということで自分なりに構想を練っていって、かなり大げさめにレコーディングしたんですけど、「もっとセクシーにネバっこくお願いします」とディレクションがあって。「こんなにやっちゃって良いんだ!」という感じで楽しかったです。あと「いいじゃない」には、ホストのシャンパンコールみたいなかけ声がいっぱい入っていて、ノリノリでやらせてもらいました。

――住谷さんは「LOVE JACKAL」を歌われて。

住谷哲栄 はい。僕はアキXTというキャラクターで、『LOVE JACKAL 君だけ E.P.』に収録の「LOVE JACKAL」を、カール・アレクセイくん(CV:小林聡)と一緒に歌わせていただきました。この曲はパラパラ感のほうが強めで、ちょっと憂いがあって陰の雰囲気を持った曲です。アキXTというキャラクターは、元ヴィジュアル系バンドのボーカルという設定なので、レコーディングまでにヴィジュアル系の曲をたくさん聴いて臨んだんですけど、レコーディングではそれ以上のものを引き出していただきました。「いいじゃない」のネッチョリに対して、こちらはかなりコッテリした感じに仕上がっています。

――ちなみに、どんなヴィジュアル系バンドを聴いてイメージを膨らませたんですか?

住谷哲栄 PENICILLINのHAKUEIさんです。アニメ『すごいよ!!マサルさん』のオープニングテーマだった「ロマンス」を、何度も聴き返して勉強しました。「LOVE JACKAL」にもコールがあって、僕はコール初体験だったんですけど、小林くんと一緒に汗をかきながらコールを叫んで、すごく楽しかったです。

保住有哉 青春じゃん!

住谷哲栄 (笑)。コールをやって分かったのは、ハマるとすごく気持ち良いということですね。CDにはコール無しバージョンも収録しているので、僕らの歌に合わせてコールを入れて楽しんでもらえたら嬉しいです。

保住有哉 コール有りバージョンを聴いた後にコール無しバージョンを聴くと、物足りなく感じますよ。

――昔、アン・ルイスさんの「あゝ無情」をカラオケで歌う時に、合いの手を入れるのが流行りました。

森久保祥太郎 中森明菜さんの「DESIRE」も有名ですよね。<落ちたら早いよ水商売!>というコールがあって(笑)。

住谷哲栄 何となく聴いたことあります。

保住有哉 今もアイドルさんの曲では、ファンが<サイバー!ファイバー!>とか<やっぱり可愛い○○○>とかやりますよね。

住谷哲栄 コールも、パラパラと同じく日本文化なんですね。

パラパラを踊って腰が筋肉痛

森久保祥太郎

――森久保祥太郎さんは、L’Arc-en-Cielの「READY STEADY GO」をパラパラバージョンで歌っていて。

森久保祥太郎 いろいろな楽曲がある中でも、ユーロビート映えする良い選曲だなって思います。

住谷哲栄 僕は、10月17日に舞浜アンフィシアターで開催されたイベント『P's LIVE! -Boys Side-』に出させていただいて、「READY STEADY GO」でも踊ったんですけど、すごく気持ち良かったです。

――『P's LIVE! -Boys Side-』に出演されたのは、今日のメンバーでは住谷さんだけですが、実際にパラパラを踊っていかがでしたか?

住谷哲栄 リハーサルでダンサーの先生から初めてパラパラを教わったんですけど、単純に見えて実は奥が深いことが分かってすごく勉強になりました。アップのリズムを取り過ぎて、腰とかめちゃめちゃ筋肉痛になるんです。

保住有哉 僕らが踊っているのは、パラパラではありつつダンス要素が強いんですよ。僕は「いいじゃない」のMVで少し踊ったんですけど、「当日これを踊ってください」と直前に簡単な動画が送られてきて。「大丈夫ですか?」って言いながら踊ったんですけど、映像を確認したらすごく生き生きとしていて。それくらい楽しかったです。

――ダンスする時のポイントってあるんですか?

『僕とで いいじゃない E.P.』ジャケ写

保住有哉 動きを揃えることが基本ですよね。

住谷哲栄 ダンスの先生からも、すごく注意されました。「もっと動きを揃えて」って。

森久保祥太郎 作中の設定では踊る時にキンブレみたいなのを振るんでしょ?

住谷哲栄 光るグローブです。手の動きで光がキレイなんです。

森久保祥太郎 そういうのは新しいね。

保住有哉 一緒に踊る人数が多ければ多いほど壮観になります。

住谷哲栄 「私も参加したい」という感じで、一緒に踊ってくれる人がどんどん増えていって、大勢で踊る様子をドローンで上から撮って欲しいですね。

――森久保さんは踊らないんですか?

森久保祥太郎 僕はホストクラブのオーナーの役だから、踊らなくても良くない?

保住有哉 そのうち満を持してやってくれると思うので、期待していてください!

ベテランと若手が共に学び合う現場

――『パラホス』のもう一つの側面であるホストについてですが、ホスト界は縦社会というイメージですけど、声優界はいかがですか?

森久保祥太郎 僕が若い時はそういう感じがありましたね。それに僕は八王子出身だから、生まれた時から縦社会です(笑)。

保住有哉 うちも親の教育方針で、縦社会の大切さを子どもの頃から叩き込まれました。挨拶が出来ないと、めちゃめちゃ怒られたんです。

森久保祥太郎 でもそういうのは大事だよ。一本筋を通すというのは。

住谷哲栄 それはこの世界に入って、より実感します。

保住有哉 声優とかホストという以前に、人としての最低限のことなんじゃないですかね。

森久保祥太郎 今回『パラホス』をやる上で、最近のホストはどんな感じかと思って調べたんですけど、ホストのイメージも昔とは変わりました。昔はチャラいか男臭いといった表面的なイメージでしか捉えていなかったけど、今はアイドルっぽい存在感もあって、普通のイケメンのお兄さんがやっているんだなって、新たな発見でした。とは言え『パラホス』に出てくるのは、強烈なキャラクターばかりですけど(笑)。

住谷哲栄 今は、ネオホストって言うんですよね。

保住有哉 より現代的と言うか。スーツじゃなく私服で、お酒は飲まないみたいな。僕はこの機会に、ぜひホストの体験入店をしてみたいです!

住谷哲栄 確かに勉強になりそう。ちゃんと所作があるらしいから、それを教わって。出来なくて怒られたりとかして。

森久保祥太郎 それを僕と谷山紀章くんが、別室でモニタする。良いじゃん、ロケ企画でやろう(笑)。

――森久保さんは、今回初めましての若手と絡んでいかがですか?

森久保祥太郎 楽しいですね。僕は自分でも曲とかモノを作っている立場なので、彼らより若い10代にも届くものも作りたいと考えると、今の人たちのモノの見方やモノの買い方とか、価値観を知っていかないといけないと思っていて。だから彼らの話からは、すごく刺激を受けます。会話をこっそり聞いて、「今はTikTokなんだな」とか学んでいます(笑)。

――逆にお二人は先輩から学んでいると。

『LOVE JACKAL 君だけ E.P.』ジャケ写

保住有哉 居てくれるだけで安心です。森久保さんがMCをやられている番組『声優と夜あそび』(AbemaTV)にお邪魔させていただいた時も、細やかなサポーティングをしていただきました。番組を楽しく潤滑に回す手助けを、見えないところでしてくださるんです。「やっぱりすごいな!」って、実感しました。

住谷哲栄 森久保さんと小林くんとの3人で番組をやらせていただいた時も、すごく引っ張ってくださって。森久保さんがいなかったら、あそこまで番組を盛り上げられなかっただろうなと思います。森久保さんの背中に学ばせていただいていますね。

森久保祥太郎 今日は何か気持ち良いな~。寿司でも行くか(笑)!

保住有哉 森久保さんも谷山さんも、良い意味で僕らよりふざけることが出来る人で、そういう人たちが後ろに控えてくれていることの安心感は大きいです。行く時は僕らより先に走って、ツッコミやすい空気を作ってくれて。

住谷哲栄 道を切り拓いてくれる感じですね。

保住有哉 おかげで毎現場、僕らは変に緊張することなく伸び伸びやらせてもらえています。

――この『パラホス』というコンテンツは、アニメやゲームなど様々な展開への期待が高まります。みなさんとしては、今後に向けてどんな風に思っていますか?

住谷哲栄 まずは12月6日のオンラインイベント『パラホスワールド~シャンパンナイトでセイヨシコイ!~』を楽しみにしていてください。ダンスパート、朗読パートもあり。シャンパンは各自でご用意いただいて、みんなで乾杯したいです。

保住有哉 今後のストーリー展開を楽しみにしていて欲しいです。まだドラマCDが1作で、導入的なお話しかやっていないので、僕らも楽しみです。

森久保祥太郎 展開が増えていけば、僕らの作品に関わる時間もそれに応じて膨らんでいって、そうやってどんどん作品に血が通っていけばいいなと思いますね。後は若手が頑張って、大きく羽ばたいていってくれれば良いなと。オーナーとしてはそう思う次第です!

(おわり)

作品情報

『僕とで いいじゃない E.P.』/DREAM LOVE
『LOVE JACKAL 君だけ E.P.』/JEALOUS

10月7日発売
【きゃにめ盤】CD+DVD+シャンパングラス 4500円+税
【初回盤】CD+DVD 2500円+税
【通常盤】CDOnly 1500円+税

公演情報

オンラインイベント
12月6日 17時開演予定『パラホスワールド~シャンパンナイトでセイヨシコイ!~』

プレゼント情報

Twitterフォロー&RTで抽選で1名様にサイン色紙プレゼント。

「パラホス」サイン色紙

【応募方法】

・@musicvoicejpをフォロー
・下記のツイートをRT

【応募期間】

・12月05日〜12月12日23時59分まで。

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】

・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事