応援席からステージを見つめメッセージを送る村山彩希

 AKB48国内6グループのメンバーの中でもっとも魅力的な歌い手を決める『第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の決勝大会が1日、都内で行われ、STU48二期研究生・池田裕楽の優勝で幕を閉じた。

 この日、応援に駆け付けたメンバーのなかに、AKB48の村山彩希がいた。

 初戦ステージの第3組には、公私ともに仲がいい岡田奈々を始め、自身がキャプテンを務めるチーム4のメンバーで、可愛がっている16期生のうちの浅井七海らが登場。

 歌唱を終え、感想を求められた村山は「一人目から涙が止まらなくて、皆(次のステージに)進めたらいいのにと思うぐらい。耳がお腹いっぱいです」と後輩の活躍を喜んだ。

 更に、ファイナル審査に駒を進めた岡田が自身の事よりも後輩メンバーの活躍を喜んでいると、岡田の歌唱後には「感動して言葉が出ない。『優勝だよ』と言ってあげたいぐらい。AKBの代表として頑張ってくれてありがとうございます」と感謝していた。

 

 初回大会は3位、第2回大会は5位だった岡田奈々。最初のステージで披露したのはLiSAの「炎」。抜群の安定力を有する歌唱力に感情を込め熱唱した。歌唱を終え岡田は「緊張していました。手が震えていましたし、でも大好きな歌を歌ってので満足です」と笑顔を見せた。

 2位通過した岡田はファイナル審査ではトップバッター。「大切な人を思って歌います」と米津玄師の「アイネクライネ」を歌唱。メリハリのある歌唱で聴く者の心をつかんだ。

 審査員を務めたゴスペラーズの黒沢薫は「緩急があり、低音は女性が歌うにはきついぐらい。それをうまく処理した」と絶賛。

 応援に駆け付けたAKB48の村山彩希も「感動して言葉が出ない。『優勝だよ』と言ってあげたいぐらい」と賛辞を贈った。

 結果は3位。「1位を目指していましたが、前回は5位。3位になれて嬉しいです」と笑顔を見せていた。

 その後に行われた囲み取材では、池田だがこの大会を見て、STU48のオーディションを受けた背景をもとに「今回の大会は過去一でレベルが高くて。私はそれまで順位にとらわれて不安でしたが、池田裕楽ちゃんの話を聞いて、順位にとらわれないでやろうとやって来たのが良かったと思いました」と振り返っていた。

 そんな岡田。本大会でも自分の事よりもメンバーの活躍を喜ぶ姿が印象的だった。1位を獲得したSTU48の二期研究生・池田裕楽には「こうして見つかって本当に嬉しい」と笑顔をのぞかせていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)