黒沢薫からトロフィを受け取った池田裕楽

 AKB48国内6グループのメンバーの中でもっとも魅力的な歌い手を決める『第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の決勝大会が1日、都内で開催され、STU48の二期研究生・池田裕楽が女王に輝いた。

 圧倒的な歌唱力でファイナリストに選ばれた池田。頂点を決めるファイナル歌唱審査では「異邦人」を歌った。幼い表情もイントロが始まればキリッとした表情に変わり、奥行きのある歌声を響かせた。

 優勝者であることを告げられると、驚きのあまり手で目を覆ったまま立ち尽くし涙を流す池田。審査したゴスペラーズの黒沢薫からトロフィを受け取りようやく「嬉しい」と口にした。その黒沢は「度肝を抜かれました」と絶賛した。

 女王となった池田には、秋元康氏プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。また、この日は、ファイナリスト8人と審査員特別賞に選ばれた1人でオリジナル曲が制作されることも決定。黒沢が作曲する。池田は驚きの連続に「もうわからないです」と涙した。

 3位は岡田奈々(AKB48/STU48)。「1位を目指しましたが、前回は5位だったので3位は嬉しいです」、2位は第1回大会の優勝者・野島樺乃(SKE48)。「悔しいですが嬉しいです。出し切りました」と清々しい表情を見せていた。

 なお、本舞台の裏側に密着したドキュメンタリー特番は、2021年1月にCS放送TBSチャンネル1で放送。ファイナル歌唱審査に進出した8人と、審査員特別賞に選ばれたメンバーが1人が出演する『ファイナリストLIVE』も開催される予定だ。

2位の野島樺乃と、3位の岡田奈々から祝福を受ける池田裕楽

ファイナリスト

1位 池田裕楽(STU48)
2位 野島樺乃(SKE48)
3位 岡田奈々(AKB48/STU48)

山内鈴蘭(SKE48)
矢野帆夏(STU48)
三村妃乃(NGT48)
秋吉優花(HKT48)
古畑奈和(SKE48)

審査員特別賞
山崎亜美瑠(NMB48)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)