解禁されたビジュアル(提供写真)

 葵わかな、三吉彩花ら出演する、ミュージカル『Broadway Musical 『The PROM』 Produced by 地球ゴージャス』の公演スケジュールとビジュアルが解禁となった。葵わかなと三吉彩花がレズビアンのカップルを演じる。公開されたビジュアルは、アメリカの卒業ダンスパーティ“プロム”をイメージした、キュートなものとなっている。

 トニー賞7部門にノミネートされ話題をさらったブロードウェイミュージカル。12月にはNetflixにて映像化もされる注目作だ。『The PROM』は2018年にブロードウェイで開幕し、2019年にはトニー賞7部門にノミネートされ大きな話題となり、2020年12月には、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマンという豪華な顔合わせでNetflixにて映像化もされる、世界的にも注目を集めている作品です。この『The PROM』が早くも日本版として初上演される。

 物語の舞台は、アメリカの高校で、卒業生のために開かれるダンスパーティ“プロム”。 レズビアンの主人公エマが、様々な人たちとの触れ合いにより、“自分らしく生きる”ことを貫こうと奮闘する姿が描かれる。エマの元に現れる、落ちぶれかけたブロードウェイスター4人の傍若無人な行動に、劇場は笑いの渦に巻き込まれ、ブロードウェイらしい華やかな音楽とダンスシーンに、誰もが手拍子をしたくなるようなハッピーミュージカルとなってりう。

 日本初演にあたり、主要キャストには豪華な顔ぶれがそろった。主人公エマを演じるのは葵わかな、さらにエマの恋人アリッサを演じるのは三吉彩花。

 更にブロードウェイスターのD.D.アレンを、大黒摩季、草刈民代、保坂知寿がトリプルキャストで、夢をあきらめたばかりのミュージカル女優アンジー・ディクソンを霧矢大夢が、エマとアリッサの通う高校のホーキンス校長をLE VELVETSの佐賀龍彦、Skoop on SomebodyのTAKEがダブルキャストで演じる。そして、自身もプロムに行けなかった過去をもつブロードウェイの俳優バリー・グリックマンを岸谷五朗が、鳴かず飛ばずのミュージカル役者トレント・オリバーを寺脇康文が演じる。

 そして、プロムのパーティ感を演出しつつ、本場ブロードウェイの空気感を感じさせる、賑やかで華やかな公演ビジュアルが完成した。今年、結成25周年を迎えた地球ゴージャスが初の海外作品に挑戦する。

あらすじ

 アメリカの高校で、卒業生たちのために開かれるダンスパーティ“プロム”。インディアナ州の高校に通うエマ(葵わかな)は、同性の恋人アリッサ(三吉彩花)とプロムに参加しようとするが、多様性を受け入れられないPTA が、プロムを中止にしてしまう。それが原因でエマはいじめを受けていた…そこに、落ちぶれかけたブロードウェイスターたち(D.D.アレン、アンジー、バリー、トレント)が騒動を知り、自分たちの話題作りのために、エマを助けに街へやってきたのだが―。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)