【ベストアーティスト2020◇25日】福山雅治はデビュー30周年SPメドレーを披露した。

 メドレーでは2000年のヒット曲「桜坂」から始まり、珠玉のメロディを福山のバリトンボイスで桜色に包まれたステージで温かく歌い上げる。サビではアップで映し出された福山のカメラ目線、真剣な表情が印象的だ。リリースから20年が経ち、より深みが増した最新の「桜坂」を披露した。

 そして続く「革命」では温かい雰囲気は情熱的な空気感に一変。大人の色気を全開にし、レスポールカスタムをかき鳴らしながら男らしく歌唱。楽曲ラスト部のブレイクを挟んでのキメはさすがの“間”の心地良さを感じさせてくれる。

 「心音」では美麗なバラード感を滲み出す。この楽曲での歌唱のゆったりとした部分からパワフルな部分へナチュラルに移行するダイナミズムは福山ならではの味と言えるのではないだろうか。貫禄溢れる圧巻のパフォーマンスで視聴者を魅了した。

 Twitterでは「男がみても見惚れてしまうわ」「福山雅治神々しい」など、福山のステージングを讃える声が上がっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)