BTSが、ニューアルバム『BE(Deluxe Edition)』を発売し、リード曲「Life Goes On」ミュージックビデオも全世界同時公開した。

【動画】公開された「Life Goes On」のミュージックビデオ

 BTSは20日午後2時公式YouTubeチャンネルに「Life Goes On」のミュージックビデオをアップした。些細な日常を過ごすBTSの素朴な姿から同じ場所に集まって落ち着いて歌を歌うシーンまで映像は温もりに満ちている。

 特に今回のミュージックビデオはメンバーJUNG KOOKがミュージックビデオ監督を務めてさらに目を引き付ける。JUNG KOOKをはじめ、BTSは「Life Goes On」ミュージックビデオでコロナ禍でファンに直接会えない寂しさと恋しさを表現した。

「Life Goes On」MVキャプチャ(Photo by Big Hit Entertainment)

 「Life Goes On」ミュージックビデオはマスクを外しながらドライブをするVと昨日と変わらない窓の外の風景を映しながら始まる。続いて家の中で些細な日常を送るBTSのシンプルだけど平和な姿を次々と見せる。

 一緒に集まって楽しい時間を過ごす愉快なシーンの間に部屋の中で外の空を見つめる姿やホコリが積もった自転車、過去ライブを行った車窓の向こうの大型スタジアム、観客のいない会場で歌うBTSの姿などを通じていつからか急にすべてが止まってしまったコロナ禍の状況を表現したシーンが続いて、見ている人を感動させる。ミュージックビデオの最後、空っぽの客席を後ろにし、会場で歌を歌うBTSの姿は“人生は続く”という「Life Goes On」メッセージで頂点を極める。

 「Life Goes On」は感性的アコースティックギターサウンドが際立つオルタナティブ・ヒップホップジャンルの曲だ。コロナ禍でみんなが平凡な日常を失い、望んでなかった状況と向き合ったけど“それでも私たちの人生は続く”という癒しのメッセージを込めている。2020年、今を生きている人ならだれもが共感できる率直な歌詞とBTSの中低音のボイスが加わって重い響きを与える。

 BTSは楽曲の制作はもちろん、アルバムの方向性を決める企画段階からアルバム制作全般に参加し、世界でたった一つだけの特別なアルバム『BE』を作り上げた。今この瞬間、7人のメンバーが感じる感情や想いをそのまま描いてもう一度‘時代を歌うアーティスト’としての姿を現した。

 先に「Dynamite」で楽しいディスコで全世界に活力と希望のメッセージを伝えたBTSが今回は「Life Goes On」そしてニューアルバム『BE』を通じて2020年を生きていくみんなに癒しをプレゼントする。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)