ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトが21日放送のフジテレビ土曜プレミアム『まつもtoなかい~マッチングな夜~』に出演し、自身の夢について語った。

 珍しいバラエティ番組出演となった甲本。その中で、同年齢の松本人志は「今後のゴール、どこに向かってますか?」と理想像について尋ね、「考えたことないんですけど」という甲本だが、そういう質問を受けるたびに考えてきたという。

 甲本は「僕、夢ってよくわからないけど、憑りつかれてなんかなっちゃうもんなような気がするんです。それって一つなような気がする」とし、「若い頃、なんかつかまれてそっちに向かって行く時に『バンドがやりたい』と思った。それが夢なんだと思った」と続けた。

 周囲の人に聞いていると「バンドをやってお金持ちになりたい」などの声が挙がったといい、「1個にしとけ。金持ちになりたいんだったらバンドは捨てろ」とあくまで夢は“一つ”との考えを口にし、「夢っていうのは目的なんじゃないかと思う」とした。

 甲本は「僕は10代の頃、バンドを始めた瞬間にもう叶ってるんです。そして、今もやってるから、ずっと叶ってるんです。ずっとこのままでいいんです」と持論を展開。「本当に好きなことを仕事にできているのは幸せだなって」とも述べていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)