柏木由紀

 AKB48柏木由紀が21日、自身のYouTubeチェンネル「ゆきりんワールド」に新たな動画を配信。以前、訴えていた“左手のしびれ”の原因が判明し、処置を施したことを報告した。

 【写真・動画】すっぴんマスク姿で治療を受ける柏木由紀

 柏木は今月2日に投稿した動画のなかで、左手のしびれや首を絞められたような感覚があることを告白。その原因がわからず、「困ってます。真剣に」などと苦しんでいることを伝えると、ファンらからは多くの反響が寄せられていた。

 今回の動画で、多くの人から心配や励ましの声が届いたことに感謝。「ノドの痛みはよくなりました」とした柏木は、詳細は不明ながらも首に関しては症状が改善したことを伝えた。

 ただ、「こっちが問題なのよ」と続け、左手のしびれに関して整形外科を受診したという柏木。その結果、視聴者の書き込みでも見られた「手根管症候群」だったことが判明したようだ。

 柏木は「薬とか飲んでって感じかな」などと処置方法を推測していたところ、「注射を打って、薬を入れましょう」と医師から言われたようで、「もうびっくりしちゃって」と驚いたことを告白した。

 それを踏まえ、スタッフが「映像、撮ろう」と貴重映像の撮影を実現。実際に注射する場面こそ映さなかったが、すっぴんにマスクを着けた柏木が「めっちゃ怖い」「ソロコンサートより緊張する」などとこぼすシーンが映し出された。

 柏木は「めっちゃ痛かった」と感想を述べつつも、「現状、ちょっとなんかいい感じ」と改善の兆候が見られるようで、「効いてきました」と笑顔を見せた。

 今後の様子を見ながら完治させたい意向を述べた柏木は「もう、本当にみなさんが温かいコメントだったり、実体験とか、大大大感謝しております」とも述べ、視聴者への感謝を伝えていた。

 今回の報告を受けて視聴者からは「最悪な事態にならなくて良かったです!」と安堵の声と共に「再発気をつけてね!まだ心配よ」「油断大敵」などのコメントも見られている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)