12月16日に新EP「令和二年、雨天決行」を緊急リリースすることを発表したamazarashiは、秋田ひろむの弾き語りによる初のオンラインライブ「amazarashi Online Live 末法独唱 雨天決行」を12月12日に開催することが決定した。11月19日よりチケットの発売を開始。ライブは「新体感ライブ CONNECT」で配信される。

 新型コロナウイルスの蔓延で従来の日常が変質した令和二年。amazarashiもLive Tour2020「ボイコット」の開催を見送るなど対応を行ってきた。

「amazarashi Online Live 末法独唱 雨天決行」

 初のオンライン配信という形態で実施される本公演は、絶望の中から希望を見出してきたamazarashiが、コロナ禍における希望とは何かを問う、スペシャルなライブ。

 ステージはコンサート会場ではなく、安藤忠雄氏が設計した「頭大仏」。古来から疫病や災害に際して救世の祈りを込めて建立されてきた“大仏”にプロジェクションマッピングが施され、一夜限りの「雨曝大仏」として顕現する。この異形のステージで、秋田ひろむによる全編弾き語りと本公演の為に書き下ろされたポエトリーリーディングからなる、特別なセットリストが披露される。

 さらに、ライブではTwitterで募集したファンからのメッセージでステージを照らす参加型の演出「#雨天献灯」が実施予定となっている。

■新旧楽曲の弾き語り×書き下ろしポエトリーの特別なセットリスト

 ライブは全篇が秋田ひろむ単独による弾き語り。12月16日にリリース予定の「令和二年」から「ワンルーム叙事詩」までアコースティックアレンジされた新旧の楽曲と、7篇の書き下ろしポエトリーリーディングを織り交ぜたこの日だけの特別なセットリストが展開される。

秋田ひろむ コメント

ツアーも延期になり、デビュー十周年に向けて企画していた様々も頓挫して、もどかしさばかりが募る今年でした。

でもお陰で、こんな令和二年でなければ生まれなかった歌が生まれ、こんな時でしかできないライブができそうです。

やむにやまれぬ歌から始まったamazarashiの十周年を迎えるのが、やむにやまれぬライブであるのは必然なんだと感じています。

雨天決行。皆様お待ちしております。

■プロジェクションマッピングで流転する「雨曝大仏」

 オンラインライブのステージは、安藤忠雄氏が設計した北海道・真駒内滝野霊園内の「頭大仏」。プロジェクションマッピングによって、YKBX氏デザインの「雨曝大仏」に。

「流転」をテーマに、秋田ひろむの歌声に合わせて、さまざまな姿を顕現させる。

■「やるせなさ」を浄化する「雨天献灯」

ライブのカタルシスで令和二年の鬱屈を浄化すべく、「令和二年にやるせなかったこと」をテーマとしたメッセージをTwitterで募集。

#amazarashi

#雨天決行

#雨天献灯

3つのハッシュタグでツイートされたメッセージが、amazarashi オリジナルの「献灯」となり、雨曝大仏の前に光を灯す。募集は11月19日から25日まで。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)