柏木由紀

 『第71回NHK紅白歌合戦』(12月31日)の出場者が16日、同局から発表された。13回目の出場を逃したAKB48のメンバーやOGが、続々と自身のSNSで心境をコメントしている。

 最年長メンバーの柏木由紀は「11年連続で出演させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と切り出し、「ファンの皆さん、歴代のメンバー、関わってくださった皆様のことを思うと胸がぎゅっと締め付けられるようなそんな気持ちもあります」と率直な心境を寄せる。

 その上で「ここが全てではないことはわかっているけどそれでもまた誰かに認めてもらえるように私達は頑張ります」と笑顔の絵文字をつけ、これからの活動への意気込みを示した。

 前48グループ総監督の横山由依は「皆様の応援があって、サポートがあって、活動をすることができています。本当にありがとうございます」とファンへの感謝を伝え、「ファンの皆様、歴史、先輩、色んなことが頭の中をぐるぐるしています」と葛藤も抱えているようだ。

 それでも「ですが、AKB48はこれからも私たちにできること、伝えたいメッセージをお伝えできるように一歩一歩進んでいきます!」とポジティブにメッセージを発信。

 昨年の紅白でセンターを担った小栗有以もツイッターを更新。「大好きで大切な“AKB48”これからも守り続けたいです!」と意気込み、「これからも応援してくださる大切なファンの方やメンバーと手を取り合って前を向いて前進していきたいです 引き続きAKB48の応援よろしくお願いします」とした。

 さらに、すでにグループからの卒業を発表している松井珠理奈も「SKEとしてもAKBとしても出場させていただいた紅白」とし、「卒業前最後に48グループとして、またあのステージに立ちたいと思っていたので切ない気持ちと申し訳ない気持ちで複雑ですが…」と続ける。

 そして、「何があっても前を向いて立ち上がるのが、48グループの良さだと思います。皆様、変わらず応援よろしくお願いします!」とファンに言葉を寄せた。

 現総監督を務める向井地美音は「この2年間、先輩方が繋いでくださったバトンを私たちの代で何度も止めてしまいました。そして今日も。それが何より申し訳ないし不甲斐ないです」としたためる。

 その上で「だけどここからもう一度…今までの歴史に甘えず、今度こそ私たちが新しいバトンを渡せるように頑張るので、見守っていてください。AKB48が大好き!」と結んでいる。

 また、OGで初代総監督を務めた高橋みなみもツイッターで、「色んな変化があるけれど ずっと応援してる 過去も今も最高ですよAKBは! 私も皆んなに負けないように頑張ります」と現役メンバーへのエールを伝えている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)