三吉彩花(撮影=木村武雄)

 【ファッションチェック】三吉彩花が今月7日、映画『十二単衣を着た悪魔』公開記念舞台挨拶に臨んだ。弘徽殿女御を演じた三吉は、カラフルワンピースに、重めに揃えた前髪がアンニュイな雰囲気。合間にみせる笑顔が印象的だった。

 【写真】手を振る姿に気品、三吉彩花

 朱赤・水色・青・黄緑など彩りに溢れたカラフルなワンピースは、共地ベルトがウエストをマーク。スカート部分は、イレヘムデザインになっており、エレガントなシルエットを演出。上半身はタイトに、下半身はフリルをふんだんに使用したメリハリのあるワンピースだ。

 合わせるのは、光沢のある黒のショートブーツ。ヘアメイク
は、重めのパッツン前髪がアンニュイな雰囲気を漂わせていた。

 劇中で、ブレずに信念を貫く弘徽殿女御のカリスマ的キャラクターを体現させた三吉。監督を務めた黒木瞳と役を作り上げたことを明かし「黒木監督の指導がなかったら私は弘徽殿女御をどういうふうに演じていたんだろうと今は思います」と振り返った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)