深川栄洋監督、綾野剛、北川景子

 綾野剛、北川景子、深川栄洋監督が14日、都内で、映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』公開記念舞台挨拶に臨んだ。

 人気作家・中山七里さんのクライム・サスペンス小説・犬養隼人シリーズ「ドクター・デスの遺産」を初映画化。安楽死を手口とするドクター・デスと警視庁捜査一課“ナンバーワン”コンビの息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出す。

 主演の綾野剛が主人公の警視庁捜査一課の検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事・犬養隼人を演じ、北川景子が犬養のバディである捜査一課の頭脳派ナンバーワンの冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香を演じる。

 公開後の舞台挨拶ということもあり、ラストシーンから今後のコンビの様子を伺う質問に対して綾野は「いい意味で変わらないと思います。どう? 北川さん?」と問うと、北川は「変わらないと思います。関係性は変わらないと思いますけど、事件が変われば高千穂が人質になったり、暴走したりするかもしれいですね」とそれぞれ語り、今後のバディの活躍を想起させる発言で会場を沸かせた。

 そして、犬養と高千穂がドクター・デスと対峙するシーンについて、北川は「取調室のシーンはドッと疲れました。夏に撮っていたので部屋は暑かったのですけど、犬養の心を弄ぶドクター・デスと何をしでかすかわからない犬養をみていて鳥肌が立ちました。私はただ見ているだけでしたけど、この作品の世界観をドクター・デスの役の方が作ってくださったなと思います」と語った。

綾野剛

 また、綾野は“ドクター・デス”のイントネーションが「一番大変だった」と語り、「ほんとに…現場で一番NGをだしたのがこれ(イントネーション)だったんです」と語り会場は笑いに包まれた。

 深川監督に二人の印象を聞くと「2人がお互いのことを良く理解しているなと感じ、それが本作で特殊なコンビの源になっているのかなと思いました。どのような演出をしてもお互い被らない演出を調節していました」と語る。

 それを聞いた綾野は「(北川さんとは)すごく波長が合いますし、2回目の共演でもずっと前から友人だったような感覚が残っていました」と語り、北川は「高千穂は犬養についていって、暴走を止めたり、迷っていたら背中を押す相棒の役だと思っていたので、綾野さんがどう演じるかよく見て、自分がバランスを取れるといいなと思って演じていました」と撮影を振り返った。

北川景子

 それに対し綾野は「観察のためにずっと盗撮されていました(笑)。いつ撮られてたんだろうという写真までありました」と笑顔で語った。

 最後に、綾野は「こうした時間が続いていけば良いなと心から思いました。エンターテインメントは最初に不要不急にされるものだと痛感しました。でも、こうして今この場に立てたことは奇跡だと思いました。皆さんにこうしてお会いするとエンターテインメント不急ではあっても、不要ではないと改めて思いました。本作はハラハラ、ドキドキする作品となっていますが、皆さんにとっても良い時間になればいいなと思います。まだ必ず会いましょう」と挨拶し舞台挨拶は大盛況の内に幕を閉じた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)