石岡真衣 (C)光文社/週刊『FLASH』 写真◎富田恭透

 恵比寿マスカッツ・石岡真衣が、週刊誌『FLASH』1581号(発売中、光文社)でラストグラビアを飾っている。

 日テレジェニック2014に選ばれ、恵比寿マスカッツのメンバーとしても活躍する石岡真衣が、グラビア卒業を発表した。

 「私は中学生のころに小倉優子さんに憧れて、グラビアアイドルを目指しました。この9年間、ファンのみなさんのおかげで、雑誌の表紙を飾ったり、イメージDVDの売り上げが1位になったり、夢のような経験ができたことを感謝しています。30歳という節目の年を迎え、新しい自分になろうという挑戦の気持ちからグラビア卒業を決めました」

 ラスト写真集は沖縄で撮影された。『雨上がり』というタイトルのとおり、雨が印象的な作品になっている。

 「私、雨女なんです。最後くらい神様がきっとお天気にしてくれると信じていたのですが、まさかの全日程、雨天。逆にすごいですよね(笑)。でも、びしょ濡れになったからセクシーな仕上がりになったともいえます。いい味が出たので、結果オーライですね!」

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)