草なぎ剛

 草なぎ剛が、来年3月放送予定のNHK仙台拠点放送局が制作するドラマ『ペペロンチーノ』(BSプレミアム・BS4K)で主演することが決まった。

 東日本大震災発生から来年3月で10年が経過する。時間と共に何が変わったのか、揺れ動いてきた被災者の心のリアリティを見つめ、被災者の10年間の心の葛藤、復興への歩みを描き、コロナ禍のなか小さな希望をドラマを通じて伝える。

 草なぎが演じるのは、宮城県牡鹿半島の海を臨むイタリアンレストランのオーナーシェフ。東日本大震災でレストランを津波で流され、自暴自棄の生活に陥るが、その後、再建を果たす。震災から10年となる2021年3月11日に仲間を店に招き、特別な思いを込めた、ある宴を開く。

草なぎ剛 コメント

 宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」に出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に、被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。

 台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります。

あらすじ

 2021年3月11日、宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアンレストランで、オーナーシェフの小野寺潔は友人を招き宴を開く。被災地が厳粛な空気に包まれるこの日に、あえて酒を飲んで騒ごうという。どういうことなの? と、いぶかしがる友人たち。すると潔はこの会に秘められた深い理由を話し始めた―。潔がまず語ったのは、東日本大震災でレストランを流された被災体験、その後アルコール依存となり自暴自棄となった過去だった。では、そんな絶望の淵から、どうやって潔はレストランを再建し、最高の味を追求するシェフになれたのか―?

【放送予定】2021年3月 BS-プレミアム・BS4K
【脚本】一色伸幸(いっしき・のぶゆき)
【演出】丸山拓也(NHK仙台放送局 ディレクター)
【制作統括】青木一徳(NHK仙台放送局 チーフ・プロデューサー)
【撮影予定】2020年12月

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)