河北麻友子(撮影=木村武雄)

 今月4日、都内で行われた『ベストマスクニストアワード2020』授賞式には、各部門で受賞した、ゆきぽよ、丸山桂里奈、ミルクボーイが登壇、記念トロフィーを授与した。俳優・女優部門での受賞となった河北麻友子は背中が大胆に開いたシースルーのドレス姿でカメラのフラッシュを浴びた。

 【写真】大胆に開いた美背中、美脚も(全6枚)

 俳優・女優部門での受賞となった河北麻友子は、美脚が際立つ黒のシースルドレス姿。シースルー部分はレース素材で豪華に美脚も露になっている。全体的に繊細なラメも散りばめられており、華やかなデザイン。首元は詰まっているが、背中がガッツリと開いており、ギャップを感じさせるドレス。

 ヘアは、きっちりと分けた前髪を一つにまとめている。結び目には、長いリボンが付けられていて、コーディネートをより華やかに見せている。マスクが顔半分を覆うため「目が映えるように」と意識したメイクは、綺麗にカールしたまつげが印象的だ。

 アクセサリーは、すべてシルバーを基調としており、イヤリング・ネックレスには青のストーンがほどこされている。マスクも、青のストーンに合わせて三和が開発した「SERAO」ブランドの全38色から選んだ濃いめの青。「フォーマルなドレスと、青のストーンを使ったジュエリーを使用しているので近い色の方が映えると思いました」

河北麻友子(撮影=木村武雄)

 同賞は、三和が4部門でベストマスクニストを表彰。俳優・女優部門での受賞となった河北は「マスクは生活のなかで欠かせないもの。受賞できて光栄」と喜んだ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)