草なぎ剛

 草なぎ剛が7日、自身のYouTubeチャンネルを更新。来年放送予定のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で共演する吉沢亮や高良健吾の印象など撮影の裏話に触れた。

 今回、「しゃぶしゃぶしながら大河の裏話をゆる~く語ります!」とのタイトルで動画を公開した草なぎ。自身が主演を務める映画『ミッドナイトスワン』が好評とし、「観てくれる方がいてうれしい限りです」と感謝を述べた。

 来年放送予定の大河ドラマ『青天を衝け』で、江戸幕府最後の将軍として知られる徳川慶喜を演じる草なぎは、「大河が結構、大変でね」と撮影の裏側に触れた。

 草なぎは「セリフがやっぱ難しくてね。言い回しが難しくて、すごい戸惑ってますね」と率直に言及。「時代劇ってそんなやったことなくて、やっぱ難しいなと思って。現代劇とは当たり前だけど違うんだなって、ちょっと最近は痛感してる」と苦戦するところもあるようだ。

 ただ、「でも楽しく、堤真一さんとたくさんシーン撮って、楽しくやってます」とも。草なぎ演じる徳川慶喜の側近・平岡円四郎を演じる堤と充実した撮影をこなしている様子。

 さらに、「吉沢亮くんとか、高良くんとかも会ったし、この間」という草なぎ。「すごいなんかさ、爽やかで、2人とも。きれいなオーラっていうか、パッションがあって素敵だなって思いましたね」と述べ、主人公・渋沢栄一に扮する吉沢、栄一の従兄である渋沢喜作を演じる高良の印象も語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)