鎌谷悠監督、百田夏菜子、森川葵、松井玲奈、佐藤順一監督

 森川葵、松井玲奈、百田夏菜子が第33回東京国際映画祭会期中の3日、東京・EXシアター六本木で、アニメ映画『魔女見習いをさがして』(11月13日公開、佐藤順一監督・鎌谷悠監督)の舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】舞台挨拶に登壇した森川葵・松井玲奈・百田夏菜子、ソロカット

 1999年から4年間放送された『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作。おジャ魔女どれみに引き合わせられ運命的に出会った、悩めるヒロインが、どれみたちに背中を押されながら、不思議な奇跡を起こし、「なりたい私」に向かっていく様を描く。

 新たなる3人のヒロインの声を、森川葵(ソラ)、松井玲奈(ミレ)、百田夏菜子(レイカ)が務める。

 コロナ禍で延期となり、ようやく公開を迎える。森川は当初不安もあったというが、目の前の観客を見て「大丈夫だと思いました」と安堵。「皆さんのもとに届けられることを実感して今は嬉しいです」と喜んだ。

 劇中では、『おジャ魔女どれみ』の音楽やマジカルステージなど当時の記憶を蘇らせる演出もある。松井は「当時見ていた人は少し懐かしく感じると思います」とし、「一人でも多く思い出として残ってくれたら嬉しい」と述べた。

 海外での人気もあり、百田は「この作品も楽しみにしてくれているかなと思うとすごくワクワクしています」と心を躍らせ「主人公それぞれの悩みは全世界共通、抱えているものは同じだと思う。沢山の方に楽しんで頂けると思う」と胸をはった。

 ヒロインと同じ20代の3人。森川は「(ヒロインは)三者三様色んな悩みを抱えていて、性格も生まれた場所も違う。いろんな環境にいるからこそ、通じるものが誰か一人あてはまると思います」と3人のヒロインのいずれかに自身を重ねることができると説明した。

 ヒロインは、おジャ魔女どれみたちに背中を押され前に進んでいてく。松井は「魔法がテーマになっていると思います。自分が持っている魔法なんなのか、友達はどんな魔法を持っているのか、考えるきっかけになれば」と伝えた。

 本作を両親と見たという百田は「こんなグッズで遊んでいたねと当時を懐かしみながら楽しめると思います。それと3人が女子旅をしているので、一緒に旅をしている感覚になれたら。リアルに描かれているので、海外の方は日本にはこんな素敵な場所があるんだよと知って頂く機会になれば」と期待を寄せた。

 改めて森川は「この映画を見に来てくれた方が元気になったりハッピーなことが起きることが、私たちが皆さんにかけられる魔法なのかなと思います。見て下さった方が、これから見に来て下さる方が少しでも幸せになってくれたら嬉しいです」と思いを伝えた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)