安斉かれんが、大人気コミックスの実写ドラマ化となるMBSドラマ特区「社内マリッジハニー」のオープニング主題歌に新曲「Secret Love」が決定したことが2日、わかった。12月2日にサブスクリプション限定でリリースする。

 “ポスギャル”の一人として、令和元年にデビューした安斉かれん。アーティストとしての活動を中心に、今年「ドラマM 愛すべき人がいて」W主演への大抜擢や、音楽メディアだけでなく多くのファッションメディアにも登場するなど、様々な分野で活動を続けている。

 そんな安斉かれんの新曲「Secret Love(シークレット・ラブ)」が、MBSドラマ「社内マリッジハニー」のオープニング主題歌に起用されることが分かった。

 「社内マリッジハニー」は、小学館「Cheese!」で連載中の累計60万部突破の大人気コミックスで、婚活アプリで即日婚から始まるオトナのラブコメを描いた作品となっており、今回、待望の実写ドラマ化となる。

 今回の「Secret Love」は、恋が始まったのかどうかさえ分からない甘酸っぱい秘密(周りの人に悟られたくない気持ちだけでなく、自分も気付きたくないような迷いであったり)を散りばめた “ガールズ・ポップ” となっている。

 朝から夜まで、気が付くと・・・その姿を目で追ってしまったり、頭に思い浮かべてしまう彼のことを、少しずつ「好きなんだ」と自覚しつつも、時には、認めたくなかったり、恥ずかしかったり、でも、素直に彼との出来事が嬉しかったり・・・そんな恋心の機微を、あえて、ドラマチックな音楽性で描いている。

安斉かれんコメント

 原作を読んでいる時は、自然と口角が上がってしまうようなラブストーリーに、終始キュンキュンしてました!この曲には「恋のはじまり」の初々しさやドキドキ感を込めました。是非、ドラマと一緒に聞いてみて下さい!

 前作「GAL-TRAP」では、ギャルの二面性をテーマに多感な若者の言葉にならない心象風景を自ら作曲を手掛けたチルなヒップホップという意外性をもって表現したが、今作では、心に秘めていた『気持ち』が思わず声に出てしまったかのような、ある種のストレートなアプローチと、コントラストの楽しい作品に仕上がった。

 またこの度、オープニング主題歌が流れる番組予告が、ドラマ特区「社内マリッジハニー」公式SNSほかyoutubeで、公開となった。

 「Secret Love」は、サブスクリプション限定で12月2日にリリース。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)