10年ぶりの共演となった上川隆也と坂口理恵(WOWOW)

 上川隆也が、主演するWOWOW『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』(11月22日スタート)で演劇集団キャラメルボックスの盟友・坂口理恵と10年ぶりに共演することが決まった。

 【写真】解禁された場面写真。上川隆也、加藤シゲアキなど(全4枚)

 中山七里氏の同名小説が原作。容疑者家族となった週刊誌副編集長の主人公が世間からのバッシングを受けるなか事件の真相に迫っていく物語。

 坂口の役どころはNGO団体の代表で、容疑者となった上川演じる志賀の息子・健輔をよく知る落合夏子。

 2人の共演は、演劇集団キャラメルボックスの舞台『サンタクロースが歌ってくれた』(2010年)以来、実に10年ぶり。テレビドラマでの共演は今回が初となる。

 坂口は「演技に入ると久し振り感や緊張はなく、まるで昨日の続きのような感覚に自分が居られたことが不思議でなりません」。上川は「10年振りの共演ですが、彼女の第一声を聴いた瞬間、そんな隔たりは埋まってしまったように思います」と撮影を振り返った。

 また、本作の場面写真4点を解禁。容疑者の父親としてマスコミに追いかけられる志賀(上川隆也)が部下である記者・井波(加藤シゲアキ)に直撃取材される場面や、両親を失った被害者遺族である奈々美(岡田結実)が、事件に関する記事を読んで感情を露わにする場面は、見る者が思わずハッとさせられるような緊張感あふれるシーンになっている。

 さらに、事件を追う刑事・長澤(原田泰造)が志賀に向ける複雑な眼差しには、長澤が週刊誌嫌いになったある因縁を思わせる。豪華キャストが織りなす深い人間ドラマにも注目だ。

 『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』(全4話、第1話無料放送)は11月22日放送スタート。毎週日曜日よる10時からWOWOWプライムで放送。

上川隆也・コメント

――坂口理恵さんとの久しぶりの共演についての感想

 約30年前、同じ時期に劇団の門を叩いてから長い時間を共に過ごしました。

 10年振りの共演ですが、彼女の第一声を聴いた瞬間、そんな隔たりは埋まってしまったように思います。

 故郷の川の細流を聴く様な懐かしさと安堵感の中、心地よい緊張感を満喫しました。

 『また是非こんな機会を』と思わずにいられません。

坂口理恵・コメント

――上川隆也さんとの久しぶりの共演についての感想

 撮影現場にて、フェイスシールド越しで始まった10年ぶりの共演は「こんな風に会うとはね~」等と言いながら、それはそれは新鮮な再会でした。でも演技に入ると久し振り感や緊張はなく、まるで昨日の続きのような感覚に自分が居られたことが不思議でなりません。安堵のような……。「ああ、この瞳に向かって、ただただ真っ直ぐに芝居をしてきた時間が私にどれだけあったのか」と、思い知らされた宝物のような一瞬でした! 皆さまに感謝です。

――視聴者の皆様へのメッセージ

 中山七里先生の小説は、チョイスされる言葉の堅さと構成の緻密さと、それとは対照的に脆くて人間味溢れる登場人物たちが出てくるのが大好きです。毎回、まんまとどんでん返しにやられています。今回のドラマのオープニングでは、いつもと違った上川さんから始まり「え?!」と驚かれるかもしれません。でもどうか彼と一緒に物語の真実を追い掛けてみてください。貴方の大好きな上川さんに辿り着けることをお約束します。私が出る一瞬も、お見逃しなく。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)