北村匠海

 北村匠海と瀧内公美が10月31日、東京国際フォーラムで開催された『第33回東京国際映画祭』オープニングセレモニーに登壇した。

 映画祭のオープニング作品に選出された『アンダードッグ』。2人のほか、武正晴監督、脚本家の足立紳氏、佐藤現プロデューサーも登壇。主演を務めた森山未來は大阪で舞台公演中のため、リモートでの参加となった。

 過去のささやかな栄光が忘れられず“かませ犬”(=アンダードッグ)になり果てた今も、ボクシングにしがみつく事しかできない主人公を中心に、人生から見放された3人の男たちのドラマを描く。

 若きボクサー・大村龍太を演じた北村は「格闘技をやったことがないけど、見るのは好き。ボクシングの話と聞いた時に率直に挑戦したい、リングに上がれる機会を逃すまいと食らいついた」とオファーを受けた当時の心境を明かした。

 役作りのため約1年前から体づくりを行っていた。「最初は筋トレで身体を作ろうと考えましたが、ボクシングをやって落とそうとしました。家でもシャドウ(ボクシング)をやったり、リアルな試合を見ていました」とし、撮影前日にはプロボクサーと同じ食生活や体を追い込み「3人ギリギリでやっていました」

 撮影は今年1、2月に実施。後楽園ホールを使用しての試合のシーンにも臨んだ。北村は「その頃この1年がこんなことになるとは思ってもいなくて。ものすごいエキストラが集まってくれて、大歓声を浴びながら1対1で試合することを生でやって、貴重な体験になりました」

武正晴監督

 また撮影での武正晴監督の印象を「僕から見て誰よりも主役だった。とにかく映画の虜で、憑りつかれているんじゃないかと思うほど情熱がすごい。いろんな面白い話や自分のためになる話もあって、鼓舞された。現場の中心にいる武さんを見て、僕らも頑張ろうと思いました」

 改めて、「出演者の中では僕が最年少。まだまだ未熟。この作品に参加できたこと、東京国際映画祭、しかもオープニングセレモニーに立てていることに感謝。長いようで短く感じるスピード感のある映画です。パンチの痛みや音が生で感じられる、男たちが這いつくばって立ち上がる姿を見てほしい」と訴えた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)