嵐が、30日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に登場。30日配信リリースされた最新曲「Party Starters」をテレビ初披露すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 「Party Starters」は、One DirectionやKaty Perry、Panic! At The Discoなどの楽曲を手掛けてきたSam Hollanderによるプロデュース曲。ソフトバンク5GプロジェクトのCMソングに起用されたことでも話題を集めている。

 歌唱前には、ジャニーズの後輩であるA.B.C-Zの河合郁人が「猫背でロックダンスを踊る二宮くん」のモノマネを披露。会場が和やかな空気に包まれたまま、パフォーマンスがスタートした。

 ポップでキャッチーなメロディにのせて、観る者の心を明るくするステージを見せた嵐。曲の最後には、櫻井翔が、この日出演していたNiziUのダンスを真似るシーンも。パーティが始まる前のワクワク感を詰め込んだかのような、HAPPYなパフォーマンスで魅了した。

 5人が楽しそうにパフォーマンスをする姿に、ネット上では、「元気をもらった」「NiziUのダンスやってるの可愛すぎる」と反響が上がっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)