窪田正孝

 窪田正孝が主演を務めるNHKの連続テレビ小説『エール』が29日、クランクアップした。現在放送中の同番組は昨年9月に撮影入り、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため2カ月半にもおよぶ撮影休止期間を乗り越え、およそ13カ月にわたる撮影を終えた。これに伴い、主人公の古山裕一を演じた窪田正孝、同局の制作統括・土屋勝裕氏が以下の通りにコメントを寄せた。

窪田正孝

 主人公・裕一の人生をかけぬけました!

 昨年の9月に撮影を始めて、学生服を着て撮影していたのが、昨日のことのように思えてなりません。

 まだ、終わった気がしないのですが、これから寂しさが来るのかな。

 1年間、朝ドラの主人公を演じたことでふみちゃんをはじめとする共演者、スタッフの皆さんとのすてきな出会いをいただき、今後の財産になりました! まだまだ『エール』には、ご覧いただきたいすばらしいシーンがたくさん出てきますので、最後まで『エール』をよろしくお願いします。

制作統括・土屋勝裕氏

 窪田正孝さん、13か月の長期の撮影を、座長としてスタッフ・キャストを引っ張ってきてくださって、本当にありがとうございました! 通常の撮影でも大変なのに、コロナ禍で撮影が中断、途中再放送でしのぐことになるという前代未聞の状況を乗り越えることができたのは、窪田正孝さんをはじめとするキャストの皆さんの熱意、そして『エール』に“エール”を送ってくださった視聴者の皆さんのご支援のおかげです。こころより感謝申し上げます。コロナ禍でさまざまな困難に多くの方が直面している今ですが、互いに“エール”を送りあって支えあいながら乗り越えていけることを願っています。ドラマは、最後のクライマックスに向けまだまだ波乱万丈です。裕一と音、そして仲間たちの行く末を最後まで見守っていただければ幸いです。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)