武田双雲が手掛けた日本版(C)2020 Lucasfilm Ltd.

 『スター・ウォーズ』の人気キャラクター、マンダロリアンを主人公にした実写ドラマ『マンダロリアン』シリーズ2。劇中でマンダロリアンが何かを決意する時に度々登場するキーワードで、行動の指針となる合言葉「我らの道(“This is the way”)」を、世界8言語のアーティストが集結してアートする世界企画が展開。日本からは書道家・武田双雲が参加。その「我らの道」アートビジュアルが解禁となった。

 【写真】各国の言語アート

 今回の世界企画は日本だけでなく、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、スペイン語から「スター・ウォーズ」愛に溢れるアーティスト8人が参加し、それぞれの言語で「我らの道」を表現する企画。多くのアートが集結した今回の企画についてUSディズニーの関係者は「各国を代表するアーティストで、これだけの作品が揃ったことに我々は興奮しております」と語る

 なかでも日本は“スター・ウォーズのルーツ”とも呼ばれる特別な国。創造主ジョージ・ルーカスが日本文化はもちろん、日本映画の巨匠・黒澤明の名作『七人の侍』や『隠し砦の三悪人』などから強い影響を受け「スター・ウォーズ」を創造したことはあまりにも有名であり、もちろん本作『マンダロリアン』も創造主の意志を受け継ぎ日本の名作『子連れ狼』から強い影響を受けて制作されている。

 そんな「スター・ウォーズ」縁の地“日本”を代表し“This is the way”の日本語訳「我らの道」を力強く書いた武田双雲は「『我らの道』にかける強い想いに共鳴して書きました。僕は書道家という職業で「道」が入っていることもあり、深く共感しました。マンダロリアンの世界観の中に、書道家として、和文化を継ぐ人間として、共通の感覚があったのでとても嬉しく思います。」と、作品に深く根付く日本文化について考察する。

 また、自らも「スター・ウォーズ」の大ファンだといい、『マンダロリアン』シーズン1も鑑賞している武田は「「我らの道」という言葉の重みがじわじわと染み込んでくる展開に心を動かされます。次なる展開の中で、どういう「道」が現れてくるのか楽しみでしかたありません!」とシーズン2への期待も明かしている。

 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のその後を描く『マンダロリアン』。ダース・ベイダーの死後から5年――いまだ銀河に平和は訪れず、帝国の残党が暗躍していた。そんな混乱した時代で自らの道を生き抜く孤高の賞金稼ぎ“マンダロリアン”は、フォースの力を秘めた孤児“ザ・チャイルド”と出会い、銀河中から狙われる壮大な闘いに巻き込まれていく。マンダロリアンに託された使命は、ザ・チャイルドが一族の<ジェダイ>の下に帰れるまで守りぬくこと。かつて仲間も家族も失った孤独な男が手にした絆は、この混沌とした世界で<新たな希望>となるのか―?

 本物の“スター・ウォーズ”と大絶賛されたシーズン1だが、シーズン2ではさらに「スター・ウォーズ」の世界観が広がっていき、一体どんな物語が待ち受けているのか? 「手加減なしの『スター・ウォーズ』」(ロサンゼルス・タイムズ)と、完璧な“スター・ウォーズ”の世界観とスピリットで描かれる壮大かつエモーショナルなドラマで世界を魅了し続ける『マンダロリアン』。シーズン2はDisney+で10月30日より配信開始。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)