年賀状にしたためる言葉を披露した大野と櫻井

 嵐の大野智と櫻井翔が29日、都内で行われた『2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー』に出席。日本郵便の年賀状コミュニケーションパートナー6年目となる嵐。2021年の年賀状・新キャッチフレーズや新テレビCMを発表。更に嵐のメンバーに「年賀状で贈りたい一言」を明かした。
 新CMにはそれぞれ単独で出演した。撮影で使われた部屋は「自分の好きなものが詰まっていた」と語った大野は「空を見ているシーンがあるけど、会えないけど同じ空を見ている、繋がっていることを考えていた」と振り返った。

 櫻井の出演CMでは「まさかこんなに長い付き合いになるんて」というメッセーいが印象的。このメッセージはメンバーに重なるとし「多くの人にも重なると思いますが、自分達の事に重ねて胸に響きました」。

 好きなものに囲まれ「穏やかな気持ち」で臨めたという撮影は2時間巻きで終えたという。

 この日はメンバーに「年賀状で贈りたい一言」を披露した。「これからも変わらず、一生連絡を取り合おう!」と書いた大野は「一生連絡を取る、それを言葉にしてみました。家族以上に一緒にいるので忘れることはない。ずっと共にしていくのは確信になっている」

 「出逢った頃は中学生。25年も一緒にいます。これからもずーっとよろしくです!」としたためた櫻井は「当時大野君は14歳、僕は13歳。ここまで長くいるとその先も想像する。一生ものだなということでこれからもよろしくですと。仕事のことはもちろん、何でもないことでも連絡を取り合っているので、その関係はずっと変わらない」

 今年いっぱいをもって活動休止する嵐。大野は「20年以上も共に走り続けてきた。僕にとっても嵐は一生の繋がり。これからも年賀状を通して5人と繋がっていくなと。みなさんも年賀状を通して人とのつながりを大切にしてほしい」と呼びかけた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)