笑顔で訴えた佐々木希

 佐々木希が28日、都内で行われた、日本医師会「みんなで安心マーク」PR動画プレス発表会に出席。健康診断と予防接種の大切さを訴える動画に出演する佐々木は笑顔で、医療機関への相談、受診を呼びかけた。

 【写真】発表会に出席した佐々木希

 日本医師会が発行する「新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関みんなで安心マーク」(みんなで安心マーク)の認知拡大を目指して制作されたPR動画に、佐々木希が出演。その動画がこの日お披露目された。

 日本医師会の中川俊男会長は佐々木の起用理由を「男女問わず人気があり、凛とした佇まいで芯の強さを感じる人柄。育児奮闘中の佐々木さんには母親目線でもPRいただけると考えた」と明かした。

 白一色の衣装の佐々木は笑顔を見せて会見場入り。コロナ禍での通院を不安に思い控える人が増えているなか、佐々木自身も「職業柄体調が悪くなるとすぐに病院に行っていましたが、コロナ禍で本当に悪くなるまでは控えていました」。

 中川会長が「検診を控えたためにガンなどの発見が遅れた、薬が切れても控えたことで数値が悪くなった人もいる。電話で相談して受診するのはいい」と健康診断や検診の大切さを訴えた。

 2歳になる子の母親でもある佐々木は「子ども体調はコロコロ変わる。不安なことも沢山あって、まず電話して掛かりつけ医に相談することをしています」とし、「空いている時間が分かるので安心して行きやすい。まずは電話をしてみる。なんでもいいから相談をしてみるのはいいと思う」。

 そのうえで、「安心して行ける医療機関があることが分かるだけでも毎日過ごしやすい。それを知って頂くだけもいいと思います」と伝えた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)