高良健吾、深川麻衣、香里奈(C)「おもいで写眞」製作委員会

 深川麻衣が映画『おもいで写眞』(熊澤尚人監督、来年1月29日公開)で主演する。演じるのは遺影写真を撮影するカメラマン。共演の高良健吾とは初タッグとなる。深川は「撮影の日々はとても刺激的で、苦しくもあり、あたたかくもあり、自分にとって何ものにも代え難い大切な時間になりました」と振り返っている。

 東京で夢に破れ、祖母の死がきっかけで故郷へと戻った結子(深川麻衣)は、祖母の残した写真館で“遺影写真”を撮る仕事を始める。人生の先輩たちの話に耳を傾けるうち、それは単なる遺影写真ではなく、色褪せない思い出を写し出す“おもいで写真”へと変わっていく。

 本作は、『虹の女神』、『君に届け』などのヒット作品に加え、近年『ユリゴコロ』、『ごっこ』など人間の深層心理に肉簿した作品で新たな境地を見出した、監督・熊澤尚人氏が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を繊細に紡いだ小説『おもいで写眞』(幻冬舎文庫)の映画化となる。

 主演は、連日満席でスマッシュヒットした『パンとバスと2度目のハツコイ』以来の映画主演作となる深川麻衣。『パンとバスと2度目のハツコイ』では第10回TAMA映画賞・最優秀新進女優賞を受賞。2019年は、NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演し、安藤サクラ・岸井ゆきのらとの共演に注目を集め国民的女優に大躍進した。乃木坂46としてのキャリアを超えた女優としての知名度だけでなく、おっとりとした雰囲気や滲み出る優しさの中にある繊細さや強さは、女優として唯一無二の個性として輝いている。

 そして共演には、深川麻衣と初タッグとなる高良健吾のほか、香里奈、井浦新などの実力派が揃い、さらに、古谷一行や吉行和子など、日本を代表する俳優陣が出演する。

おもいで写眞/熊澤尚人(幻冬舎文庫)

 また本作は、主演の深川麻衣所属の芸能プロダクション・テンカラットの25周年企画となる。数々の俳優、女優を輩出し映画に寄り添ってきたテンカラットが、設立25周年となる節目に、先輩たちからの学びや、自身の振り返り、そして成長というメッセージを込め、熊澤尚人監督とタッグを組み、本作の制作を企画した。

 撮影は、昨年初夏に富山で行われ、2021年1月29日に全国公開となる。

深川麻衣コメント

今回、初めてご一緒させていただく熊澤監督と、素晴らしい出演者の皆様と、物語の舞台である富山県で撮影をしてきました。

撮影の日々はとても刺激的で、苦しくもあり、あたたかくもあり、自分にとって何ものにも代え難い大切な時間になりました。

写真を通して人と人とが繋がり、結子が成長していく姿を感じていただけたら嬉しいです。

深川麻衣(C)「おもいで写眞」製作委員会

高良健吾コメント

台本を読んだ時に驚いた事があります。主人公が祖母の遺影を見て感じたことを、自分も祖父の葬式の時に感じました。これはどこにでもある問題なんだと。

だとしたら、映画を通じて世の中になにかを投げかけられると。

このおもいで写眞の物語は主人公の喪失感から始まります。

主人公の不器用さにハラハラしますが、彼女の真っ直ぐさから伝わるものがあります。

この映画があることによって、おもいでというものの価値観も変わるのではないでしょうか。

正真正銘本当であるという事がすべてなのか。

是非、楽しみにしていてください。

香里奈コメント

大切な思い出や記憶は、人は何歳になっても自分の心の中に大事にしまわれていて、それを思い起こすことでまたキラキラできる。

「おもいで写眞」は、写真を通して若者と年配の方々それぞれの角度から、本当に大切なことは何かと気づかせてくれるような温かい映画になっています。
今回、たくさんの素敵な俳優さん方とご一緒できて、私にもまたひとつ、大切なおもいでが増えました。

古谷一行コメント

 「おもいで写眞」公開決まりましたね。

 とても待ち遠しかったし、嬉しいです。

 昨年の夏に暑い富山ロケで、北陸新幹線も初体験しました。

 深川麻衣さん、健吾君、香里奈さん、

 ホテルのエレベーター前でいきなりバッタリ紹介者なしで4人が自己紹介。

 そんなロケの始まりでした。

 現場では、3人共先輩に気を遣ってくれて、よく話もはずみましたね。

 最後の写真展のシーンは、とても温かな撮影でした。

 映画のテーマ通り手作りのやさしい現場でした。

吉行和子コメント

おもいで写眞に出演して、心が軽くなりました。としよりと言われて、人生がだんだんぼやけていく中で、若い人のアイディアで自分の一生が呼び起こされ生き生きとしてくる。

ラストの写眞展のすばらしさ。ちからづよいメッセージが溢れています。撮影中は深川麻衣さんの若さとチャーミングさにうっとり!

熊澤監督コメント

このオリジナルストーリーを書いたのは9年前。何度か映画化できそうになりましたが上手く行かず、推敲を重ねて粘り強く頑張った所、深川麻衣、高良健吾という魅力溢れる俳優と出会え、やっと映画になりました。映画は主人公がお年寄りと触れ合い、希望を見出す話です。吉行和子、古谷一行という名優と映画作りをさせて頂き、僕も大きな希望を得ることができました。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)