竹内アンナが、7日にリリースした4thE.P『at FOUR』に収録されている「Love Your Love」が、「この歌に出会ってくれてありがとう」と歌われている曲として話題となっている。

 テレビやラジオ、街中、さらにはプレイリストから偶然流れてくる曲が不意に耳に入り、その曲で気分が高揚したり、歌詞のメッセージに落ち込んだ気分が救われたりする経験が誰にでもあるはず。

 その時、リスナーである私たちはどのように感じるだろうか?

「はじめて聞いたけど凄くいい曲」
「うわっ、何この曲。今の気持ちとぴったり」
「さっきまで落ち込んでいたけどなんか元気出た」

 と、偶然であり、ある意味奇跡のような曲との出会いに「ありがとう」と感謝の思いがよぎるのではないだろうか?

 音楽とリスナーの繋がりは、そういった偶然の出会いから始まることがあるが、逆にリスナーとしての思いではなく、曲の方から「出会ってくれてありがとう」と歌われている曲が、現在J-WAVEを中心に全国のラジオ局でオンエアされ、「歌の方から感謝された」「むしろこちらこそ出会えてありがとう」といった声が上がるなど話題となっている。

『at FOUR』ジャケ写

 その曲は、シンガーソングライターの竹内アンナが歌う「Love Your Love」という曲で、10/11付けJ-WAVE「TOKIO HOT 100」の9位にランクインし、全国のFMオンエアランキングでも13位(10/5~10/11集計)に入るなど、現在ラジオを中心に多くのリスナーの耳に届いている。

 「あれもこれもそれもどれも 引き寄せたる運命 ほら今だってこの歌に 出会ってくれてありがとう」(竹内アンナ「Love Your Love」より)

 すべての音楽やアートに、アーティストやクリエイター達の想いや魂が込められている。少々ファンタジーかもしれないが、すべての創作物にもし命や心があって、それらに私たちが出会い気づいた時、きっと「僕に出会ってくれてありがとう」、「私に気づいてくれてありがとう」と言っているかもしれないと、彼女の歌を聴きながら“芸術の秋”にふと思いをはせるのである。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)