三浦翔平

 俳優の三浦翔平が16日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』に出演し、プライベートの木村拓哉について言及した。

 この日の放送では、特別企画「人志松本の酒のツマミになる話」を実施。プライベートでの芸能人同士の挨拶というトークテーマの中で、若槻千夏は大きな犬を連れた木村を見かけたという逸話を紹介。

 若槻は「挨拶できなかったです」と木村に声をかけられなかったといい、カフェに入った後、「同じメニュー、遠くで頼みました」と話し、共演者を笑わせた。

 さらに、木村と工藤静香の長女・cocomiと次女・Koki,がデビューする前のことだったといい、「2人ともめっちゃ脚長かった」と感心したように話す若槻。「娘だ、絶対、絶対、絶対…ほら、娘だ。走っていってパパのところに」と続け、2人のスタイルの良さに驚かされたようだ。

 このエピソードを聞き、「木村さん絶対、挨拶したほうが良いと思います」と応じたのは三浦。「よく海とか、サーフィンでご一緒させてもらったり、お芝居で共演させてもらった」と木村と親交があることを説明。

 そして、「木村さんはちゃんと挨拶に来る人に対してはすごく優しいんです」と話し、「逆に構えられちゃうと、木村さんもどうしたらいいのかわからない」とその心境を代弁した。

 三浦は「挨拶にいったほうが『ああどうも』って感じてすごく優しい」と重ねると、タレントの朝日奈央は「意味わかんないタレントもでもいけますか?」と自らを語り、共演者から総ツッコミ。

 その上で三浦は「ちゃんと“ナニナニです”“お目にかかったんでご挨拶させていただきました”って言うと、すっごく優しいです」と続け、木村が人としての礼儀を大切にしていることを語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)