女優の永作博美が15日、NHK『ごごナマ』に出演。アイドル当時の映像が放映され、苦笑いを見せるシーンがあった。

 河瀬直美監督による最新映画『朝が来る』で主演を務めるなど、女優として活躍する永作。同番組のコーナー「ウワサの真相」で、ペナルティのヒデから“デビュー当時はやる気ゼロ!?”だったとの“ウワサ”がぶつけられた。

 3人組アイドルグループ「ribbon」のメンバーだった永作。大ファンだったというヒデは、仮に“ウワサ”が真実であれば「私たちファンに対する冒涜ですよ!」と語気を強めた。

 永作は「なんか申し訳ない気になってきた」と調子を合わせつつ、「そんなことないですよ。一生懸命やってました。昔の私を見てもらえれば分かると思うんですけど…」と“ウワサ”を否定。

 するとヒデは「実際、どうだったのか」と当時の映像を紹介。それは永作がribbonの楽曲「太陽に火をつけて」を歌唱する映像で、照れた様子の永作は顔を手のひらで隠し、「ちょっと…」などと悲鳴。「久しぶりに震えてる」と苦笑いを見せた。

 永作は「本当に一生懸命やってました。精いっぱい」と改めて“ウワサ”を否定した上で、「だた、本当に残念ながら自信がなかったというか、と思いますね。自分がそこにいていいのかっていうのはちょっと思ってたような気がします」との葛藤もあったようだ。

 そして、「歌は好きだったので、歌ってるのは楽しかったですね」とribbonのメンバーとして活動した当時を振り返りながら、「今、私がこうやって役者としてここに座ってるとは思いもよらなかったですね、この頃は」と感慨深そうに語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)