BTSが10日と11日に、ソウルでオンラインコンサート『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』を開催する。コロナ禍のためライブストリーミング生中継方式で繰り広げられる。6月14日行われた初オンラインコンサート『BANG BANG CON The Live』以降4カ月ぶり。

 『BANG BANG CON The Live』は全107の地域で同時アクセス数基準およそ75万6,600人が視聴し、『最多視聴者が観たライブストリーミング音楽コンサート』でギネス世界記録を立てた。これは全世界で行われた有料オンラインコンサートで最も大きい規模だった。BTSは今回も『歴代級スケール』を誇るオンラインコンサートを準備。

「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」(Photo by Big Hit Entertainment)

『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』というタイトルがたった一つ(ONE)だけのオンラインエディション(ONline Edition)公演という意味を持っている分、一層壮大で見どころ満載のコンサートになる予定。

『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』には『BANG BANG CON The Live』より8倍の制作費が投入された。BTSしか見せられないパフォーマンスを最高のクオリティで具現化するため4つの大型ステージを用意した。観客はそれぞれ違う4か所の大型ライブ会場で繰り広げられる公演を観覧する気分が感じることができる。

 さらに観客にもっと特別な経験を提供するため『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』には先端技術を取り入れた。全世界の観客はAR、XR技術が導入された今回のコンサートを4K/HDの鮮明な高画質で観覧、実際ライブ会場にいるようなライブ感を体験できる。

『BANG BANG CON The Live』と同様に『マルチビューライブストリーミング』も提供される。6つのアングルを1つのスクリーンに浮かばせ、観客が観たい画面をリアルタイムで選んで観れるようにするサービスだ。一方的に与えられた画面ではなく、同時に再生されるそれぞれ違う6つのマルチビュー画面の中で観たい画面をリアルタイムで選べ、観客はより豊富な公演観覧が経験できる。

 BTSはコロナ過でオフライン公演が次々キャンセルされ、寂しい思いをしているファンのために今まで一度も公開したことないステージを披露する。初日と2日目のライブのセットリスト一部を異なる構成にし、豊富な見どころを見せる予定だ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)