大原櫻子が4日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズと中日ドラゴンズ戦内で行われた「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー」に参加し、試合前のセレモニアルピッチを行い、試合後に9月30日発売のニューシングル「#やっぱもっと」を観衆を前にして初歌唱披露した。

 試合開始前のセレモニアルピッチは、緊張しながらもツーバウンドで見事に捕手・柴田選手のミットに収まった。球技経験は全くないが、日頃の役者・音楽活動を円滑に進めるためのトレーニングも功を奏した様だ。試合はDeNAベイスターズ打線が爆発し勝利。正に勝利を呼び込む投球となった。

セレモニアルピッチ

 そのDeNAベイスターズが快勝した試合後、光輝く車に乗って、DeNAベイスターズのマスコット、DB.キララちゃんと登場した大原櫻子。マウンドに降り立つと、満場の客前で9月30日にリリースした新曲「♯やっぱもっと」を初めて観衆の前で歌唱。グラウンドに置かれたイルミネーションが色とりどりに点灯し、艶やかで伸びのある歌声と共に観衆を魅了した。

ライブの模様

 続いてデビュー曲「明日も」を歌唱。力強いアカペラ歌唱から始まり、サビが近づくと花火が打ちあがり大きな盛り上がりに。歌に花火の演出、最後は銀テープも舞い、満場の観衆は最高潮に盛り上がり、勝利とパフォーマンスを堪能した。

 大原は今夜はTBS系「CDTVライブ!ライブ!」、10月6日にはNHK「うたコン」と地上波テレビ番組で連続してニューシングル「#やっぱもっと」を披露していく予定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)