『おかえりモネ』への出演が決まった浅野忠信

 清原果耶が主演を務める、2021年度前期放送の連続テレビ小説『おかえりモネ』の新たな出演者が28日発表され、永瀬廉(King & Prince)、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信が出演することが分かった。

 「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(演・清原果耶)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語。

 今回発表された出演者の役柄は、百音の同級生たち。永瀬廉が演じる及川亮の父でかつて天才漁師と言われた新次を演じるのは浅野忠信。朝ドラ初出演となる。「素晴らしい共演者とスタッフの方達とこのドラマに参加出来ることを誇りに思います。一生懸命やりますので、宜しくお願い致します!」

 ◆及川新次/かつて天才漁師と言われた男 亮の父親。以前は気仙沼で右に出る者はいないと言われたカリスマ的漁師だった。百音の父・耕治と親友で、母・亜哉子が産気づいた時には嵐の中を船で本土へ運び、赤ん坊の命を守った。震災で自分の船を失ってから、立ち直るきっかけをつかめずにいる。

浅野忠信コメント

 清原果耶さん演じるヒロインのモネの若さとエネルギーは本当に魅力的で台本を読むたびに心を掴まれております! 物語の舞台となる気仙沼のドラマにも心を打たれ、僕自身も勇気をいただいております。素晴らしい共演者とスタッフの方達とこのドラマに参加出来ることを誇りに思います。一生懸命やりますので、宜しくお願い致します!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)