『おかえりモネ』への出演が決まった恒松祐里

 清原果耶が主演を務める、2021年度前期放送の連続テレビ小説『おかえりモネ』の新たな出演者が28日発表され、永瀬廉(King & Prince)、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信が出演することが分かった。

 「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(演・清原果耶)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語。

 今回発表された出演者の役柄は、百音の同級生たち。百音の保育園からの幼なじみ・野村明日美を演じるのは恒松祐里。幼い頃からの目標だった朝ドラのレギュラーキャストに「本当に嬉しいです」と喜んだ。

 ◆野村明日美/明るくおしゃべりな幼なじみ 保育園から百音といつも一緒の、一番の幼なじみ。明るくチャキチャキした性格で、よくしゃべる。両親は島で唯一のスーパーマーケットを営む。高校卒業後は仙台の大学に進み、学生生活を謳歌中。物心ついたときから亮を想い続けているが、振り向いてもらえない。

恒松祐里コメント

 野村明日美役を務めさせて頂きます。恒松祐里です。朝ドラのレギュラーキャストになるのは、小さい頃から目標だったので合格した事が本当に嬉しいです!明日美はよく喋りよく笑う子で、百音にとって唯一の女子の幼馴染みです。思ったことはスパッと言う所や時折見せる乙女な部分がとても素直で素敵な役だなと思います。明日美のテンポのよいセリフを楽しみながら演じたいです!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)