今年の6月から配信が開始されたASMR音声作品「ねこぐらし。」のシーズン2の配信が10月5日からスタートすることが先週発表されたが、シーズン2の配信を記念して、四コマ漫画を制作することが28日わかった。イラストに関しては、人気イラストレーターのうらたあさおが担当する。

 四コマの内容は、「ねこぐらし。」のキャラクターがSDキャラとして登場し、舞台となる旅館・猫鳴館で暮らす猫娘たちの日常を描いた、ほのぼの心温まる内容となっている。

「ねこぐらし。」

 公開されるのは制作元のCANDY VOICE公式ツイッターや同公式ブログで、今後不定期に投稿されるとのこと。

 今年の6月より7週連続配信され、ツイッタートレンド入りするなど話題となったASMR音声作品「ねこぐらし。」シーズン1では、あの世とこの世の狭間にある旅館“猫鳴館”が舞台となっていたが、シーズン2では秘湯“マタタビの湯”が舞台となり、温泉地での心地良いASMR音と共に、今まで語られなかった作品のストーリーも徐々に明らかとなる。

 10月5日にはシーズン2第1弾“ミケ猫”(CV:上坂すみれ)も配信される中、「ねこぐらし。」がどのような展開を見せるのか、今後の動向が期待される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)