Uruが、10月28日リリースする両A面シングル「Break/振り子」の詳細を28日公開した。

 今作はUruにとって9枚目のシングルで、初の両A面シングル。「Break」は、10月3日よりオンエアがスタートするTVアニメ「半妖の夜叉姫」のために書き下ろされた楽曲で、作詞・作曲をUruが担当。アレンジャーに気鋭のミュージシャンYaffleを迎えた新機軸のアップナンバー。

「Break/振り子」通常盤(CD)ジャケ写

 「振り子」は、10月30日公開の映画「罪の声」を主題歌を手掛けるにあたり、何度も鑑賞して書き下ろした幽遠なバラード。どちらの楽曲もこれまでのアーティストイメージをアップデートする、サードステージの幕開けを飾るに相応しい両A面シングルとなっている。

 なお、「Break」は、パッケージリリースに先駆け10月10日にダウンロード・サブスクリプションで配信リリースされる。

 カップリング曲には9月に開催した配信ライブでも披露していたwacci「別の人の彼女になったよ」のカバーソング、今年2月にデジタルシングルとしてリリースし自身の代表曲の1つになった「あなたがいることで」のセルフカバーver.を収録。

 5月の母の日に、外出自粛が続く中で、『会えなくても大切な人を想う気持ち』を写真とメッセージで公募し大切な人へ贈るメッセージや想いが溢れる写真とともに公開した動画でもこのバージョンの音源が使用され話題を呼んでいた。

 さらに、初回盤には、自身初の開催となったUru Online Live 2020「あなたと私」より「いい女」、「プロローグ」、「星の中の君」3曲のライブ映像と、小松菜奈が出演した事でも話題を読んだ「今 逢いに行く」のMVをブルーレイで収録。

 アニメ盤(期間限定盤)には、「Break」のTVサイズと、アニメのノンクレジットムービーがブルーレイで収録される。

 また、詳細解禁にあわせて初回盤、通常盤のCDジャケットも公開された。「オリオンブルー」までのシングルで表現された日常の風景から一変、荘重なアートワークに仕上がっており、楽曲と共に新しいステージに歩みを進めたデザインとなっている。

「Break/振り子」初回生産限定盤(CD+BD)ジャケ写

 アニメ盤の描き下ろしイラストジャケットは後日公開となる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)