LDHの新たなエンタテインメントとして、9月19日から8日間にかけて所属アーティストたちがステージを繰り広げた有料配信ライブ『LIVE×ONLINE IMAGINATION』。その追加公演『LIVE×ONLINE IMAGINATION PREMIUM LIVE EXILE TRAIN』が、EXILEがデビューした記念日、9月27日に開催された。「EXILEを歌って踊ろう!」をテーマに掲げた本公演には、配信ライブ初参加のEXILE TAKAHIROを始め、EXILE THE SECOND、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)、FANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANASTICS)、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)が登場。EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典も参加し、この日限りのスペシャルな演出でEXILEの名曲たちが披露された。

 EXILEの歴史は2001年9月27日から始まり、“EXILE魂”は19年にわたって新しく誕生したグループへと受け継がれてきた。その一体感を示すように、まずはDJ Sho-hey(THE RAMPAGE 浦川翔平)のDJプレイに導かれて、全グループのパフォーマーが続々とステージへ。華やかなダンストラックでオープニングを飾る。

 今回のライブに向けて、TAKAHIROは事前取材で「これからLDHを引っ張っていく新しい形でファンに届けられるのは嬉しい。メンバーとしての橋渡し、新時代の子たちに引き継いで行けたら」と語っていた。そんなTAKAHIROが、「LIVE×ONLINE、楽しんでいこうぜ!」という高らかな叫びを合図に歌い始めたのは、2006年にEXILE第二章の始まりを告げたシングル曲「Everything」。にこやかに歌う彼のもとにEXILE THE SECONDのパフォーマーが駆け寄る様が微笑ましい。しかし、ムーディーなサウンドから「Choo Choo TRAIN(SECOND ver.)」に繋げば、NESMITHとSHOKICHIもボーカルとして加わり、EXILE THE SECOND特有の大人の色香でステージを染めていく。『Together(SECOND ver.)』の曲中には、過去の衣装やロゴを通してEXILEの歴史を辿るコーナーもあり、彼らが歩んできた長い道のりと絆を実感する場面となった。

TAKAHIROとSHOKICHIとNESMITH

 アンダーグラウンドの空気を纏い、キャデラックに乗って現れたのは、Jr.EXILE世代の中でも最も人数が多い16名で存在感を示すTHE RAMPAGE。川村壱馬、吉野北人、RIKUというタイプの違う3ボーカルを中心に、EXILEさながらの大所帯で宴を盛り上げる。彼らがカバーするのは、EXILEのルーツと言えるダンスジャンルをタイトルに据えた「New Jack Swing」と、3ボーカルを選出した『VOCAL BATTLE AUDITION 4』の課題曲でもあったグルービーなラブソング「Change My Mind」。どちらも今のTHE RAMPAGEに欠かせない楽曲だが、特に自身の1stアルバム『THE RAMPAGE』でもカバーしている「New Jack Swing」は、グループのコンセプトに“ヒップホップ”を掲げる彼らにとって特別な1曲だろう。EXILEらしさを継承しながらも、自分たちならではのアレンジを取り入れ、次世代グループの実力を見せつける。

 後輩グループも負けてはいない。DOBERMAN INFINITYプロデュースにより誕生した7マイク・フリースタイルグループ BALLISTIK BOYZは、「THE NEXT DOOR」と「FIREWORKS」をカバー。今回のLIVE×ONLINEをサポートしてきたPSYCHIC FEVERとともに炎に包まれながらパフォーマンスした「FIREWORKS」は、歌メロとラップの二面性が聴きどころ。それをボーカルとラッパーで構成されるBALLISTIK BOYZが歌唱する姿は、進化し続けるLDHを象徴していた。

BALLISTIK BOYZ×PSYCHIC FEVER

 静かに闘争心を滲ませるBALLISTIK BOYZのステージから一転、FANTASTICSが爽やかな風を連れて現れる。EXILEとしても活動している世界や佐藤大樹から、未経験でアーティストの世界に飛び込んだ八木勇征まで、多彩な顔ぶれで構成される彼らは、「Each Other's Way ~旅の途中~」と「Flower Song」に等身大のメッセージを添える。大所帯で魅せるダンスチューンに定評のあるEXILEが持つもう1つの側面、“繊細な歌心”を丁寧に表現しながら、カメラの向こうで心を弾ませる観客と笑顔を繋いだ。

FANTASTICS

 「Lovers Again」のMVに導かれるように始まったバラードブロックでは、NAOTO、小林直己、岩田剛典がサプライズで登場。SHOKICHIが奏でるピアノに乗せて、TAKAHIROとともに「Lovers Again」を披露した。ベンチや電話ボックスといったセットを活かしながら、ドラマティックなダンスを繰り広げる。同じく人気の高いラブバラード「Ti Amo」ではEXILE THE SECONDが加わり、苦しくなるほどの愛の言葉で観客を魅了。NESMITHが奏でるアコースティックギターの音色も、オリジナルとはひと味違う哀愁の色で楽曲を彩っていた。また、TAKAHIROと、長年彼のサポートを務めるギタリスト 木島靖夫によるコラボレーションも。「優しい光」や「fallin'」といったミディアムナンバーで美しいハイトーンボイスを響かせる。

 MCでは静寂に包まれる配信会場に戸惑いながらも、「ご覧になっているみなさん、楽しんでいただけているでしょうか!?......うんうん、大喝采ですね」と、持ち前の明るさで画面越しに“エアコール&レスポンス”を行うTAKAHIRO。「長い年月の中で、EXILEからたくさんのことを教わりました。これからもEXILEにリスペクトを持って、EXILEの素敵な曲たちを歌い繋いでいきたいなと思います」と言い添えると、彼がセルフカバーするプロジェクト「EXILE RESPECT」の第1弾楽曲「運命のヒト」を生披露。大切な楽曲に19年分の想いを乗せて、情感豊かに歌い上げた。

 後半戦は、TAKAHIRO、NESMITH、SHOKICHI、NAOTO、小林直己、岩田剛典、FANTASTICSによる「I Wish For You」からスタート。TAKAHIRO、NESMITH、 SHOKICHI の進行のもと、BALLISTIK BOYZとPSYCHIC FEVERによる「WON'T BE LONG」、THE RAMPAGEによる「Someday」と名曲が続く。THE RAMPAGEの藤原樹、浦川翔平、岩谷翔吾、BALLISTIK BOYZの砂田将宏、深堀未来といったメンバーたちが、キッズダンサー時代に「Someday」MV(こどもバージョン)に出演していたことを思うと、それはまさにEXILEを目標に掲げて集結した者たちの夢の共演だ。かつて憧れていたEXILEと肩を並べ、笑顔を輝かせる彼らの姿が画面越しにさらなる夢を与えていく。そして「銀河鉄道999」では、Jr.EXILE世代のメンバーが大集合。本編ラストは先輩たちも再び登場し、総勢41人による「Choo Choo TRAIN」で締め括った。

 アンコールは、EXILE監修のレモンサワーを片手に「Ki・mi・ni・mu・chu」を披露。メンバーがカメラに向かって乾杯するなど、まるで打ち上げに参加しているような雰囲気に。最後はEXPGに所属するキッズダンサーたちのダンス映像をバックに、EXILEの最新曲「愛のために ~for love, for a child~」を全員でパフォーマンス。言葉を越えた感動と熱気が押し寄せ、多幸感溢れるエンディングとなった。

 「最高の時間を過ごせて、本当に幸せでした! これからもLDH一丸となって、皆さんに僕らなりのエンタテインメント、そして幸せをお届けできるように頑張っていきますので、引き続き、温かい応援よろしくお願いします!」

 TAKAHIROの力強い宣言が、『LIVE×ONLINE IMAGINATION PREMIUM LIVE EXILE TRAIN』の終幕を知らせた。

 そして、新型コロナウイルスの影響を多大に受け、『LDH PERFECT YEAR 2020』として予定していたライブの多くが中止になったことから、LDHは気持ちを新たに2021年のテーマ「RISING SUN TO THE WORLD」を発表した。2021年1月1日にはEXILE TRIBEがマキシシングル『RISING SUN TO THE WORLD』をリリースし、その後もライブ開催を予定していることが明らかになった。AKIRAは「EXILE TRIBEチーム一丸となって、今年できなかった分めちゃくちゃ盛り上げて、突っ走っていきたいと」来年に向け意気込んだ

 “日本を元気に” どんな時も、その想いを胸に自分たちのエンタテインメントを追究してきたEXILE TRIBE。今回の配信ライブでも、オンライン時代ならではのエンタテインメントを見出したように、彼らはこの先も新たな驚きをもたらしてくれることだろう。

EXILE HIROコメント「RISING SUN TO THE WORLD」への想い

日本を元気に
 
2011年、
東日本大震災から
復興への想いを込め
エンタテインメントだからこそできることがあると信じて
EXILEが掲げた言葉です。

あれから、どんなときも、
僕らのエンタテインメントには
この想いがあり、
今ではEXILEから
EXILE TRIBE、
そしてLDH全体に広がり
Love,Dream,Happinessの
テーマと共に僕らの指針となっています。

そして今
このコロナ禍において
世界中に漂う不安と閉塞感による
先の見えない状況に
僕らの既存のエンタテインメントも
予定通りに表現することができていませんが、
一人でも多くの人に元気になってほしいという想いで
自分達なりのエンタテインメントを
発信し続けています。

どんなに困難であったとしても、
何度でも不屈の精神で立ち向かう。
陽はまた昇ることを信じて。
放たれる希望の光を力に変えて
僕らは前に進んでいこう。

この想いを込めて2011年には
『Rising Sun』という楽曲を作り
多くの皆さんへ届けてきました。

そして、2021年
この世の中の
閉塞感を打ち破るべく

日本の元気が
世界中に届くように…

Rising Sunへ込めた想いを
改めて継承し

『RISING SUN TO THE WORLD』

というテーマを掲げ
LDH全社をあげて
LDHのエンタテインメントの復活の狼煙を上げ
活動していきたいと思います。

象徴となるテーマロゴは
RISING SUNという
赤く燃える太陽から不屈の精神の象徴として新たに生まれた
不死鳥(フェニックス)を重ね、
僕らの強い決意を表現しました。

全ての想いを『RISING SUN TO THE WORLD』というテーマを通してエンタテインメントで表現していきたいと思っています。

EXILE TRIBEから『RISING SUN TO THE WORLD』の想いを込めて

EXILE

三代目 J SOUL BROTHERS

Jr.EXILE
(GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ )

それぞれが
楽曲を制作し

テーマ曲と併せて
4曲を収録したマキシシングル
『RISING SUN TO THE WORLD』を
2021年1月1日にリリースすることとなりました。

また、
LDH PERFECT YEAR 2020で
ライブを楽しみに待ち望んでいてくれていた
多くのファンの皆さんに
僕らの想いが再び届くように

2021年は
『RISING SUN TO THE WORLD』をテーマにした
ライブを全国で開催していきたいと考えています。

2021年、
EXILE TRIBE、そしてLDHは
決意を新たに一丸となって
LDHエンタテインメントの
完全復活を目指し
活動していきたいと思っていますので
進化したLDHのエンタテインメントを
ぜひ、楽しみにしていただきたいと思います。

RISING SUN TO THE WORLD
日本を元気に

EXILE HIRO

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)