2人組アーティスト・ゆずが27日、自身初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』初日公演を、神奈川・横浜文化体育館で開催した。同ツアーは、今月16日に2作品同時発売されたライブベスト映像作品「YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007」「YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020」を引っさげて行われる有料配信ライブ。27日の「DAY1:出発点 」を皮切りに、10月25日まで会場とライブテーマ、セットリストを変えながら全5公演が開催されるというもの。初日は「大バカ者」や「いつか」、新曲の「公私混同」など13曲を届けた。(※ネタバレあり)

「大バカ者」でライブはスタート

北川悠仁(撮影=太田好治)

 カウントダウンからゆずの2人が登場し、会場の横浜文化体育館のステージではなくフロアへ移動。そこで2人は握手を交わし、「横浜文化体育館といえばこの曲行ってみよう!」と、1998年に初めてこの会場で披露した楽曲「大バカ者」で自身初のオンラインツアーの幕は開けた。岩沢厚治のアコースティックギターをバックに、北川悠仁はタンバリンをリズミカルに鳴らし、力強い歌声を会場に響かせる。久しぶりのライブにチャットコメント欄も「声が聞けて嬉しい」など、歓喜の言葉で埋め尽くされた。

 北川が鍵盤ハーモニカでノスタルジックな音色を響かせた「手紙」。間奏では岩沢のギターをバックにファンへ向けて北川が手紙を読み上げる演出も。さらに追伸として北川が岩沢へメッセージを送った。16日にリリースされたライブベスト映像作品「YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007」を見返していたという北川は、「最初の頃はけっこう元気に動き回っていたんですね。正直驚きました」と語りかけると、演奏していた岩沢は吹き出してしまうという仲睦まじい瞬間もあった。

 無観客ということで、その寂しさを紛らわすために、老若男女様々な歓声を入れたサンプラーを鳴らす北川。続いて北川もアコースティックギターを抱え「始発列車」を歌唱。出発点というテーマにもぴったりあった1曲を届けてくれた。そして、岩沢の伸びやかな歌声が印象的な「境界線」へ。北川は再び鍵盤ハーモニカとコーラスワークで楽曲を彩る。コメント欄でも2人のハーモニーを絶賛する声も。

 照明が落ちると、AR技術を使用した冬を想起させる木のシルエットが2人の後ろに登場。届けられたのはバラードナンバーの「いつか」。しっとりと叙情的な2人の歌声に感極まるファンのコメントも。2番からは雪が降る演出でより楽曲の情景を鮮明にしていく。そこはもう横浜文化体育館とは思えない幻想的な空間が広がっていた。

ゆず「いつか」

 ここでホールから飛び出してエントランスへと向かう2人。9月6日に閉館したこの横浜文化体育館での思い出を、移動しながら語り合う2人は次に歌う場所、ステージから見て正面となる客席に到着し「雨と泪」を披露した。そして、1998年に行ったゆず初の体育館ツアー『幸(せ)拍(手)歌合戦』の思い出話から、観客を2組に分けて歌ったという「連呼」を、今回は2人で再現しようと、2人が両サイドの客席に分かれ、力強く歌い上げた。

みんなと超えていけたら

岩沢厚治(撮影=太田好治)

 再び、定位置である会場の真ん中に戻り「傍観者」でライブは後半戦へと突入。一心不乱にアコギをかき鳴らし、エネルギッシュな歌声で魅了する。そして、ライブ映像作品が16日にリリースされたばかりということで、その中から「気になる木」を歌唱。後半の早口での歌が印象的なナンバーだ。

 続いて、北川のカウントからゆったりとした「ジャニス」へ。この曲を聴いたリスナーは「黄色の日を思い出す」「雨でずぶ濡れになった思い出」と、過去に行われたライブの思い出に浸っているコメントが多数見られた。

 そして、5日間の共通曲である代表曲「夏色」へ。再びARを使用した立体的な演出で楽曲を盛り上げる。サビではゆずのイラストが無数に飛び交うARや、24人のリスナーがピグで参加するというオンラインならではの試みも。ピグに囲まれるなか熱唱する2人。恒例の「もう一回」コールも巻き起こり、無観客とは思えない臨場感のあるステージを展開した。(※ピグとはライブ型アバターコミュニケーションサービスである「ピグパ」内のアバター)

ゆず「夏色」

 舞台へと移動し、北川はこの大変な現状について「みんなと超えていけたら...」と願いを語り「ユーモラス」を届けた。この曲でもARを使用し、世界的アーティスト・村上隆氏が手掛けた「お花」をモチーフにした、『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN』で使用されているアートが会場一面に咲き乱れた。

ゆず

 岩沢がハーモニカで「蛍の光」を奏でる中、北川は「カタチはないんだけど、みんながそばで見てくれているような気がして、すごく盛り上がって初日を迎えることができました」と感想を述べ、最後に約5年ぶりに北川と岩沢が共作した新曲「公私混同」を披露。歌詞がダイナミックに登場するというARの演出を取り入れたパフォーマンスで魅了し、記念すべきゆず初となるオンラインライブ初日を締めくくった。10月4日には「DAY2:思春期」を開催する。どんな場所で、どのような楽曲が披露されるのか、今から期待が高まる。【村上順一】

ゆず「公私混同」

セットリスト

『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN DAY1:出発点in横浜文化体育館』

01.大バカ者
02.手紙
03.始発列車
04.境界線
05.いつか
06.雨と泪
07.連呼
08.傍観者
09.気になる木
10.ジャニス
11.夏色
12.ユーモラス
13.公私混同

https://superlive.jp/yuzu2020/?utm_source=yz&utm_medium=pr&utm_campaign=yz_27&utm_content=001

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)